光が丘公園バードサンクチュアリ

ツバメ初認!

2016年 4月 10日(日)晴れのち曇り
暖かく過ごしやすい日和が続いています。
観察舎入り口のオオジシバリもきれいな花を咲かせています。

オオジシバリ_齋藤豊広さん160410
タンポポのようでタンポポでない(この写真は公園内の別の場所で撮影)
(撮影:齋藤豊広さん)


今日はサンクチュアリで今シーズン初めてツバメを記録しました。
サンクチュアリも年間で一番人が多い時期で、今日の来園者数も700人を超えました。
カワセミ営巣中のため一部の窓をふさいでいることも相まって、来園者の皆様にはご不便をおかけすることもありますが、ご了承ください。

ライバル関係?!
話題のカイツブリ。今日も巣作り順調かな?と池を眺めていると、カイツブリが1、2、3羽・・・
あれ?おかしいと思って数えなおしても、1、2、3羽・・・
やはり今日は3羽のカイツブリが見られました。
個体識別はできませんが、おそらく2羽で仲良くしているのが元からいた夫婦で、1羽で行動している個体がどこかからやってきたのでしょう。
対立する様子は見られませんでしたが、今後の展開から目が離せません。

カイツブリ_岡井孝さん160410
実はペアの相手が入れ替わっていたりして・・・?!
(撮影:岡井孝さん)


ごちそう
公園内はお花見客でたいそう賑わっていますが、そのお花見現場から拾ってきたのか、フライドポテトを数本くわえてハシブトガラスが飛んできました。
水辺に降り立つと、丁寧に水をつけて美味しそうに食べていました。

ポテト食べるハシブトガラス_岡井孝さん160410
この塩味がたまらん!?
(撮影:岡井孝さん)


盗んできたのか、ゴミを拾ってきたのか分かりませんが、人工的なものを食べる姿を見るのはちょっと複雑な気持ちになります。
くれぐれもお花見のゴミは責任もって持ち帰ってほしいですね。

残ったカモ
先週まで大所帯で水面をにぎわしていたコガモは、今週見られませんでした。
もう北国へ旅立っていったようです。
まだ別の群れが立ち寄る可能性はありますが、それも5月上旬ごろまでの話です。
これから夏の間も見られるカモ類はカルガモのみ。
羽を広げると翼鏡の青色がとてもきれいです。

カルガモ_岡井孝さん160410
北へは渡りません!
(撮影:岡井孝さん)


足元のアリジゴク
観察窓際の足元をよくよく見ると、実はたくさんのアリジゴク(すり鉢状のウスバカゲロウ幼虫の巣)が並んでいることはご存知ですか?
子どもたちと観察するために、アリ1匹を失敬してアリジゴクへ入れてみると(アリさんごめんなさい!)、みるみるうちに捕らえられてしまいました。
よほどお腹が空いていたのか、アリを捕らえるのに夢中なウスバカゲロウの幼虫も難なく捕まえられてしました(ウスバカゲロウさんごめんなさい!)。

アリジゴク160410
成虫とは似ても似つかないフォルム、大あご。(この後すぐに巣に戻しました)


今日見られた鳥:アオサギ(6羽)、ツバメ(今季初認)、ツグミ、カワラヒワなど 18種(いわもと)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1889-6478cce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード