光が丘公園バードサンクチュアリ

久々の晴れの日

2016年9月25日(日)晴れ時々曇り
約1週間ぶりに良い天気となった1日。
生きものたちは活発に動き回って、久々の好天を喜んでいるようでした。
人間も例外ではなく、たくさんの方が観察舎へ訪れ、活気あふれるサンクチュアリでした。

アブラゼミ160925
まだまだ健在なアブラゼミ


新参者登場!
まだサンクチュアリにとどまっているカイツブリのヒナ。
随分、羽色が大人っぽくなったなぁ、と思って見ていると・・・あれ?カイツブリ3羽いる???
水草の中に隠れたり、潜水したりするカイツブリをよくよく数えてみると、やっぱり新参者が1羽混ざっていました。

カイツブリ新参者_岡井孝さん160925
他の場所で育った若者のようです。
(撮影:岡井孝さん)


新参者に対して、元からいた大人カイツブリはしつこく追いかけて追い出そうとしていました。
そして、この間までヒナを追いかけて自立を促していたのに、侵入者に対して親心が働いたのでしょう。
今日は元の親子が寄り添って泳ぐ場面も見られました。
自立の道はまだまだ遠そうです。

カイツブリ親子並ぶ2_岡井孝さん160925
母ちゃん(父ちゃん?)!頼りになる!
(撮影:岡井孝さん)


泥島に降り立つ
先週から姿を見せているキセキレイ。冬になると平野部でも見られるようになりますが、今日も姿を見せてくれました。
今日は観察舎右側に整備した泥島に降り立ってエサの虫を探しているようでした。
が、たまたま近くの浅場で潜水していたカイツブリに驚き、すぐに森の中へ消えてしまいました。

キセキレイ160925
カイツブリが近づく3秒前


混群のリーダー?
今の時期、夏鳥が南の国へ渡っていく途中に、短い間ですがサンクチュアリなどの緑地に立ち寄っていきます。
ちょうど渡りのピークにさしかかっているようで、公園内ではヒタキ類やムシクイ類などいろんな鳥が見られたよー、と来園者からお話を聞きます。

渡りの小鳥たちはだいたい混群の中に混ざって行動しています。
群れのメンバーはシジュウカラやメジロ、コゲラ、エナガ・・・などなど。
特に多いのはシジュウカラで、混群の先頭を引っ張っているように見えます。
「ツピツピ」というにぎやかな声が聞こえたら、群れの中にどんな種類がいるか探してみてください。

シジュウカラ160925
葉っぱの裏を丹念に調べてイモムシ探し中!


今日確認された鳥:カルガモ、カワセミ、ヒヨドリなど13種
(いわもと)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1978-b6b44da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード