光が丘公園バードサンクチュアリ

秋晴れで静かな平日開園

2016年10月18日(火)晴れ
10月2回目の平日開園日は、さわやかな秋晴れの1日となりました。
午前中には光が丘なかよし児童館の2-3歳児、約60名が来訪し、元気にいろんな鳥を観察していきました。

児童館161018
子どもたちもゆっくり観察できるのが平日開園のいいところ
団体向け特別開園でも対応できるので、ご相談ください


警戒心強し
例年だと越冬に向けてアオサギが集まってくる季節ですが、開園中にアオサギの姿は見られません。
いつもはノスリに蹴散らされてると思われますが、今日は朝出勤してきたスタッフの姿に驚き飛んでいってしまいました・・・。
どうやら、普段よりも警戒心が強くなっているようです。
安心して居場所を確保できるのはいつになるでしょう?

アオサギ逃げる161018
いつもなら驚いても、奥の木に止まるのですが・・・


ノスリ飛翔_岡井孝さん161018
ノスリは今日も上空をパトロール
(撮影:岡井孝さん)


オオタカ幼鳥_カラスに追われる_岡井孝さん161018
久々にオオタカ幼鳥が出現!
・・・が、すぐにカラスに追われて飛んでいきました。
(撮影:岡井孝さん)


渡り群団のにぎわい
ヒヨドリは1年中姿を見ることができますが、実は1年中同じ場所に留まる個体と、渡りをする個体に分かれます。
サンクチュアリの森では、渡ってきたヒヨドリの群れが方々で見られ、にぎやかな声が聞こえてきます。
ある個体は、水浴びの場所をめぐってオナガの群れの中に突っ込んでいきましたが、我が物顔のオナガに蹴散らされていました。

ヒヨドリオナガ161018
ヒヨドリ「ちょっとそこいいですか?」
オナガ「ダメです」


ヒヨドリ大口_岡井孝さん161018
「ゆっくり水浴びさせろー!」
(撮影:岡井孝さん)


誰の縄張り?
先週末はカワセミのオスとメスが見られたようですが、今日はカワセミのオスが2羽見られ、頻繁に追いかけ合いをしていました。
今年生まれの幼鳥が分散するので、いろんな個体が入れ替わり立ち代わり現れているのかもしれません。
冬は単独行動のカワセミ。縄張りの主も見回りが大変ですね。

カワセミ161018
きみは縄張りの主?それとも新参者?


今日確認された鳥:カイツブリ、モズ、シジュウカラなど15種
(いわもと)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1996-0686deba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード