光が丘公園バードサンクチュアリ

雲一つない秋晴れの1日

2016年11月3日(木・文化の日)快晴
朝から雲1つない快晴で、過ごしやすい1日となりました。
いい天気に誘われて、人や野鳥でサンクチュアリはにぎわいました。
日の入りも早くなり、今日から開園時間は16時半までとなります。
1月までの3か月間、ご理解ご協力よろしくお願いいたします。

カモのようでカモでない
冬のカモたちはなかなかやってきませんが、今日はオオバンが水面を泳ぎ回っていました。
泳いでいる姿はカモのようですが、実はカモとは違うクイナの仲間。
真っ黒な体に白いおでこが特徴で、赤い目がとてもきれいです。
潜水してはアオミドロなどを採食しているようでした。

オオバンとカイツブリ_斎藤豊広さん161103_
カイツブリ「あら、初めて見る顔ね!」
オオバン「お邪魔しまーす」
(撮影:斎藤豊広さん)


オオバン尻_斎藤豊広さん161103_
良いおしり!ひっくり返ってお食事中。
(撮影:斎藤豊広さん)


セキレイの舞
「チチッ」、「チチチッ」という声が朝からサンクチュアリに響きました。
見ると、ハクセキレイ3羽とキセキレイ1羽が岸辺に降りて、フライングキャッチの真っ最中でした。
池から羽化したユスリカや動きが鈍くなってきたトンボを捕っているのかもしれません。

キセキレイ_斎藤豊広さん161103_
泥島に降り立つキセキレイ
(撮影:斎藤豊広さん)


ハクセキレイ_斎藤豊広さん161103_
同じ場所のハクセキレイ
(撮影:斎藤豊広さん)


冬の小鳥たちも続々
冷え込みが厳しくなってきたせいか、ツグミ類の「ツリィー」という地鳴きがあちこちで聞こえました。
ジョウビタキは10/21の初認以降、しばらく姿が見えませんでしたが、今日「ヒッヒッ」という声とともにメスが姿を見せてくれました。
藪の中からはウグイスの「チャッ、チャッ」という声も聞こえてきて、冬鳥が勢ぞろいしてきた印象です。

ジョウビタキ♀_斎藤豊広さん161103_
久々のジョウビタキ♀
(撮影:齋藤豊広さん)


シメ_斎藤豊広さん161103_
警戒しながら池岸に降り立ったシメ
(撮影:齋藤豊広さん)


今日確認された鳥:カルガモ、アオサギ(8羽)、アカゲラ、アオジなど 21種
(いわもと)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2004-c9cacdc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード