光が丘公園バードサンクチュアリ

ショウブ池の変遷(追記あり)

解説2

小魚や植物などの観察スポットとして親しまれている、バードサンクチュアリ観察舎の『ショウブ池』。
材料のブルーシートのすり切れが目立ってきたので、2016年12月に池を全面的に作り直しました。
これを機にショウブ池の変遷についてまとめました。


◆初代ショウブ池(1999年3月〜2001年3月)

ショウブ池19990410パネル

観察舎の壁面で開催された企画展『春の水辺』の際に、サンクチュアリ池を間近に観察する実物展示として製作されました。
企画展は3月に始まったので、植栽種として、芽吹きが早いショウブが選ばれました。
サンクチュアリ池で捕れたヒキガエルのオタマジャクシを入れていました。

ショウブ池19990410観察
展示壁のすぐ前にありました。


企画展が3ヶ月で終わった後も、好評だったショウブ池はそのまま残されました。
企画展のために作った池なので名前はありませんでしたが、サンクチュアリ池と区別して呼ばないとまぎらわしい場面が増えてきたので、スタッフ間での通称としてショウブ池と呼ぶようになりました。

ショウブ池撤去前
取り壊しの日。今とほぼ同じ位置にありました。




◆2代目ショウブ池(1999年3月〜2003年1月→2002年12月まで)

ショウブ池2代目


ショウブ池をもっと観察に活用するために、少し大きくして、形も湾曲させました。
二代目池は、今のショウブ池の反対側(階段から入ってきて左側)にありました。

ショウブ池2代目縄張り
2代目池の縄張り


ショウブ池シート破れ
初代池のシートを再利用


しかし、古いシートが破れていることが判明。即日張り替えて、青になりました。

ショウブ池注水
水を入れてできあがり


(追記)2代目池の撤去理由をすっかり忘れていましたが、ふと思い出し、記録を確認しました。
2002年12月に、観察舎のアスファルト舗装がはがされ、現在ある土舗装へと直されました。工事に伴い2代目ショウブ池を一時撤去し、3代目に造り替えました。
2代目池の写真後方を見ると、昔のアスファルト舗装と、観察窓付近の人工芝貼りが写っています。

◆3代目ショウブ池(2003年1月〜2016年11月)

初代池と同じ位置(階段を上がって右側)に引っ越しました。
規模や形は、二代目とほぼ同じです。

ショウブ池20030111
3代目の縄張り


3代目池は長く続きました。これは最後の日の写真です。

ショウブ池20161201
取り壊しの日



2016年12月から、4代目のショウブ池になりました。
以前よりももっと活用しようと、少し大きく、長くなっています。
(さとう)

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2039-6535765b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード