光が丘公園バードサンクチュアリ

鳥たちの入れ替わり立ち替わり

2017年1月31日(火)晴れ

観察舎の天井の板が数枚剥がれ落ちそうになっていたので、朝一にそれらを全て取り除きました(天井に穴を開けたのではありません)。
板を剥がすと、黒い物体が上からぽとり。木の破片かと思いきや、正体はヨトウガのなかま。冬を越すにはいい場所になっていたようです。元には戻せないので、他の場所に移しました。
RIMG1440.jpg
取り除いた板。放っておくと危険
RIMG1439.jpg
落ちてきたヨトウガのなかま


上空でのケンカ
今日も風が強く、その影響で比較的小鳥が少なく、ノスリが普段より見られました。
ノスリが現れると、いつものごとくハシブトガラスが群れをなして激しく追いかけていました。加えて今日はノスリ同士のケンカもあり、上空は荒れ模様でした。
8Y4A7163.jpg
お互い譲れぬ攻防戦
(撮影:岡井孝さん)


ケンカしている隙に
ノスリたちが上空でケンカしている間は、コガモにとっては食事の時間。ヒメガマ群落周辺で一心不乱に食べていました。
コガモは植物質のもの(種子など)を多く食べることが知られています。ヒメガマは今無数の種を飛ばしているので、いい食事場になっているようです。
RIMG1458.jpg
もぐもぐ
RIMG1471.jpg
綿毛がついたヒメガマの種


ひょっこり出てきたアオジ
ノスリたちがどこかに去っていった後に、樹林付近の藪から「チッ チッ チッ チッ」という鳴き声が聞こえてきました。アオジです。
観察舎の階段あたりから見られないか、そ~と行ってみたのですが、それを避けるかのように反対側の観察窓付近に現れました。私の気配は猛禽類並みなのでしょうか?
RIMG1467.jpg
ひょっこり


どんなときでもアトリ
風が吹いても、ノスリが出ても、サンクチュアリのどこかにはいたアトリ。今日も群れをなして、動き回っていました。観察舎周辺の木にも頻繁に止まり、餌を求めて観察舎内に降りてくることもありました。
8Y4A7141.jpg
安定して見られます
(撮影:岡井孝さん)


今日確認された鳥:カワセミ、モズ、エナガ、ジョウビタキなど26種(ひろなか)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2055-6cc657e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード