光が丘公園バードサンクチュアリ

久々の雨と小鳥たち

2017年2月5日(日)晴れのち曇り
朝はいい天気でしたが、天気は下り坂。
雲が広がるにつれて、冷たい空気がサンクチュアリを包みました。
久々にぱらついた雨につられて?、27種もの鳥たちが姿を見せてくれました。

巣造り開始
「ジュリリ」というにぎやかな声とともにエナガが飛んできました。
口先を見ると、なんと羽をくわえています!
どうやら巣造りが始まっているようです。
季節は着実に春に向けて移り変わっています。

blogエナガ_斎藤豊広さん170205
大事な巣材なの!
(撮影:斎藤豊広さん)



キツツキトリオ
今日はキツツキのなかまがたくさん見られました。
はじめは「赤パンツ」ことアカゲラ。
平野部では冬にしか見られない種類です。

blogアカゲラ _岡井孝さん170205
じっくり見られたのは久しぶりです
(撮影:岡井孝さん)


昼過ぎに出てきたのはアオゲラ。
すぐに森の中へ消えていきましたが、後頭部の赤がきれいなオスでした。

blogアオゲラ_岡井孝さん170205
うっとりしてしまう緑と赤。
(撮影:岡井孝さん)


いつも見られるコゲラは最後に出てきました。
雨で人が少なかったせいもあり、観察舎のケヤキのすぐそばまで飛んできました。
別の個体は、カマキリの卵のうを一心不乱につついていました。

blogコゲラ_岡井孝さん170205
すぐ近くにきました!
(撮影:岡井孝さん)


blogコゲラ正面顔_岡井孝さん170205
ちょっと珍しい一枚。枝の先端の正面顔!
(撮影:岡井孝さん)


カラスの魅力
今日はオオタカやノスリが飛ぶと集団で追いかけまわしていたハシブトガラス。
鳥を見に来た人たちにも「なんだカラスか」と言われ、ちょっとかわいそう。
でも、カラスってよく見ていると結構面白いことしているんですよ。

枝先のカマキリの卵のうを見つけ、必死に食べようとしていましたが、何度つついてもコゲラのようにうまく割れず・・・
結局、「あー、もう無理っ!」と言いたげに、その枝にブラーンとぶら下がっていました。
羽の色もただの黒ではなく、光線の具合で紫色に光ったりしてすごくきれいです。
「なんだカラスか」で終わらせずに、じっくり観察してみてくださいね。

blogハシブトガラス_カマキリ卵食べる_斎藤豊広さん170205
この卵が食べたいんじゃー!!!
(撮影:齋藤豊広さん)


blogハシブトガラスぶら下がる_斎藤豊広さん170205
降参。やってらんねー
(撮影:齋藤豊広さん)


今日確認された鳥:コガモ(♂2♀1)、アオサギ(2羽)、ジョウビタキ♀、アトリ(200羽以上)等 27種+ホンセイインコ
(いわもと)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2058-e6700a51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード