光が丘公園バードサンクチュアリ

渡り前の冬鳥たち

2017年3月20日(月・春分の日)快晴
朝吹いていた冷たい北風も昼頃には止み、春の陽気の暖かい1日となりました。
お知らせした通りカワセミが観察窓のすぐ近くで営巣しているため、観察窓の一部を閉鎖させていただいております。
利用できる窓が限られておりますので、くれぐれも譲り合ってご利用ください。
長時間の占有などマナーの悪い利用が続きますと、封鎖範囲を広げるなどの対処をせざるを得なくなりますので、皆さまのご協力よろしくお願いいたします。

おしゃれ模様の冬鳥たち
今年の冬に飽きるほど(失礼)見られたアトリは、渡りが始まってすっかり数が減りました。
が、まだいたるところで小さな群れが見られます。
頭の色が真っ黒の夏羽に近づいてきて、きれいな色になっています。

アトリ_岡井孝さん170320
アトリ♂は羽の表面が徐々に擦れることで、頭の黒色が出てきます
(撮影:岡井孝さん)


地味に見えるアオジの♂も、夏羽になるとおしゃれになります。
移動する前の冬鳥たちは意外とおしゃれになっているので、観察がいがありますよ!

アオジ_岡井孝さん170320
目元の黒がかった緑が良い色!
(撮影:岡井孝さん)


カモたちのつどい
今日はカモの仲間がたくさん見られました。
オシドリ、オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、コガモの5種類。
暖かくなってきて、続々と北国への移動が始まっているようです。

マガモ170320
頭の緑がきれいなマガモ♂


コガモ170320
争い中のコガモ♂
「俺の女に手を出すな!」と言ってるかどうか


みにくいカルガモの子
カモたちの中に、怪しいカルガモが見つかりました。

マルガモ170320
左は普通のカルガモより顔が濃い。むしろ妖しい雰囲気。


これはカルガモとマガモ(アヒル)の交雑個体と思われます。
カモの仲間はもともと雑種を作りやすいのですが、野外へ逸出したアヒルやアイガモと、カルガモの雑種はしばしば見られます。
なんだカルガモか、で済まさないで、よーく観察してみてくださいね。

暖かくなってきたので、サンクチュアリの看板娘、ミシシッピアカミミガメのジャンボちゃんも少しずつ外気温に慣らし始めました。
気温が高い日は会えるかも?!
ジャンボ170320
もう春なんですかー?


今日確認された鳥:カイツブリ、アオサギ(13羽)、ジョウビタキ、シメなど25+1種(いわもと)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2077-fd4b1e04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード