光が丘公園バードサンクチュアリ

花冷えの雨

2017年4月8日(土)雨のち曇り
午前中は花冷えの雨。午後に雨が止むとお花見の人たちを含めて大変にぎわいました。
コゲラペアの巣穴掘りは順調のようです。尾羽しか見えないほどまで掘り進んでいます。

コゲラの巣_岡井孝さん
頭隠して尾隠さず?!(下の穴)
(撮影:岡井孝さん)


場所替え?
観察舎前の斜面で営巣していたカワセミペアが、頻繁に観賞池方面へ飛んでいくようになりました。
朝には観賞池から公園外へ向けて飛んでいく姿が目撃されており、開園時間中、一度もサンクチュアリの巣穴へは出入りしませんでした。
どうやら、違う場所で営巣を始めたようです。
これまで閉鎖していた一部の窓を元に戻しました。
ご協力ありがとうございました。

カワセミ170408
たまに魚を捕りに来ていました。求愛給餌の一コマ前。


雨中の生き物
雨が降ると陸に棲む鳥たちはあまり活発にならず、森や茂みの中でこっそりと活動していることが多いように思います。
湿気が多いせいか、入口の階段にはコウガイビルが這っていました。
その見た目から気持ち悪がられたり、人間の血を吸うの?と勘違いされたりしますが、人間に害はまったくありません。

シジュウカラ_齋藤豊広さん170408
原っぱの樹林でエサ探し
(撮影:齋藤豊広さん)



オオミスジコウガイビル。半月型の頭が特徴的。(オンマウスで頭部拡大)


目覚め
暖かくなって、サンクチュアリの看板娘、 ミシシッピアカミミガメのジャンボちゃんも外に出しました。
今日は気温が低くて動きが鈍く、日光浴をしたそうにしていました。
サンクチュアリ池と観賞池で日光浴トラップも設置しています。
待ちわびた春の到来です。

ジャンボ170408
太陽ください!


日光浴ワナ170408
外来カメ対策もバッチリ


あちこちで虫たちの姿も見かけました。
来園者の子どもたちが見つけてきたのはナナフシの子ども。
観察舎のケヤキの木の幹にはヒシバッタが潜んでいました。

ナナフシ170408
細ーい体でもちゃんとナナフシ


ヒシバッタ170408
寒くて?なかなか逃げなかったヒシバッタ


クヌギ花_齋藤豊広さん170408
クヌギの花もきれいに咲き誇っています。
(撮影:齋藤豊広さん)


今日確認された鳥:コガモ(15羽)、アオサギ(9羽)、ダイサギ、ツグミ(群れで飛ぶ)等 23種+外来種2種(いわもと)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2084-699b2768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード