光が丘公園バードサンクチュアリ

夏鳥と冬鳥の共演

2017年4月21日(金)曇り
今日は1日曇り空で、ここのところの暑さはいくらか落ち着きました。
朝はエゾムシクイの「ヒーツーキー、ヒーツーキー」というきれいな声がサンクチュアリに響き、高原の朝を思わせました。

ヤモリ170421
日よけシートのウラで休んでいたのに、強制的にスタッフに起こされたヤモリ


のんびり屋さん?
サンクチュアリでは少し珍しいカシラダカが中の島のヤナギに降り立ちました。
カシラダカは冬鳥で、きっと渡りの途中で立ち寄ったのでしょう。
でも、ちょっとのんびりしすぎじゃない?と心配になります。
繁殖に遅れるなよ!と激励の声を心の中でかけておきました。

カシラダカ170421
夏羽になりかけのカシラダカ。頭の黒が素敵!


おなじみのツグミやジョウビタキ、シメなどもだいたい連休頃で渡ってしまいます。
既に居残っている数もかなり少なくなっています。

シメ_岡井孝さん170421
きみはいつまでいるのかい?(シメ)
(撮影:岡井孝さん)


気になる進捗
カイツブリやコゲラの繁殖が順調に進んでいるのかとても気になるところ。
直接見られないので、余計焦れったいですね。

そんな中、カルガモのつがいがすぃーっと泳いできて、1羽がヤナギの木に飛びあがりました。
休息や採食という様子ではなく、丹念にその場を調べるように見ると、また水上へ戻っていきました。
カルガモが樹上に巣を作るという話はあまり聞かないけれど・・・
一体なにをしにきたのか、今後の動向が気になるところです。

カルガモ_岡井孝さん170421
こんな場所どうかしら?!
(撮影:岡井孝さん)


一番トンボ!
開園日では今年1号のシオカラトンボが見られました。
羽化したばかりなのか、まだ気温が低いのか、トンボらしからぬ、ふらふら~っとした足取り(羽取り?)で飛び回っていました。

シオカラトンボ_岡井孝さん170421
まだへろへろなのです
(撮影:岡井孝さん)


週替わりで季節が移ろっていって、とても楽しい時期。
ぜひバードサンクチュアリへお越しください!

今日確認された鳥:ハシボソガラス、ツバメ(泥集め)、エナガ、ツグミ等 24種(いわもと)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2089-d0200e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード