光が丘公園バードサンクチュアリ

待望のヒナお披露目!

2017年5月20日(土)快晴
朝から好天に恵まれ、夏を感じる暑さでした。
日影で風が抜ける観察舎は少し涼しめ。暑さに耐えられなくなったら、サンクチュアリにお越しください。
口開けるハシブトガラス170520
ハシブトガラスだって暑い


定員オーバー!
順調なの?順調じゃないの?と気がかりだったカイツブリのヒナがお披露目しました!
孵った日によって大きさはまちまち。4羽のヒナが揃いました。
茂みの中から出たり入ったり。待ちわびた来園者から歓声が上がりました。
ヒナたちは必死に親鳥の背中に乗ろうとしますが、一番大きいヒナはサイズオーバーで頭だけ乗せていたり・・・
既に定員オーバーのようです。

blogカイツブリヒナ4羽_岡井孝さん170520
ヒナ4羽お披露目!
(撮影:岡井孝さん)


blogカイツブリ給餌_岡井孝さん170520
ご飯ちょーだい!
(撮影:岡井孝さん)


blogカイツブリ背中に乗る_岡井孝さん170520
背乗りカイツブリ。きみは大きすぎじゃない?
(撮影:岡井孝さん)


混群のにぎわい
「ツピツピ」「ジュリリリ」
巣立ちビナを連れた小鳥たちはいくつかの家族が群れになって観察舎の上を通り過ぎていきます。
エナガのヒナはずいぶん大きくなりましたが、親鳥が虫を捕ると、一斉に鳴きながら集まってきます。
シジュウカラの親鳥もエサ探しに大忙し。これからますますにぎやかになりそうです。

blogエナガ幼鳥_齋藤豊広さん170520
親鳥と同じくらいまで育ったエナガのヒナ
(撮影:齋藤豊広さん)


小さな訪問者
野鳥がすぐに見られないときでも、観察舎内を探すとたくさんの生き物たちを見つけられます。
夕方ごろに観察舎の地面に降り立ったのはアオスジアゲハ。
給水のために湿った場所に止まることはよくありますが、今日は乾いたところに止まっていました。

blogアオスジアゲハ_齋藤豊広さん170520
そこ、水分ないと思いますけど・・・?
(撮影:齋藤豊広さん)


観察窓に止まっていたのはムシヒキアブの仲間。
名前の通り、コウチュウやガ、ハエなど他の昆虫を捕まえるアブです。
近くにガが飛んでくるとしきりにアタックをしていました。

ムシヒキアブ2_170520
意外とかわいい正面顔


ムシヒキアブ170520
マガリケムシヒキのようです


日光浴日和
暑すぎず、天気のいいこの時期はカメの日光浴姿をよく見かけます。
よく見られるのは外来種のミシシッピアカミミガメ。今日はサンクチュアリ池と観賞池で1匹ずつ見られました。
サンクチュアリでは外来カメの防除を行っていますが、毎年放棄された個体が後を絶ちません。
ミシシッピアカミミガメは水鳥のヒナを食べてしまうこともあります。
ちょうどカイツブリのヒナでにぎわっているところなので、ひやひやしますね。
くれぐれも生き物は野外に放さないようにお願いします。

blogミシシッピアカミミガメ日光浴_岡井孝さん170520
良い天気ですのぉ
(撮影:岡井孝さん)


アカミミガメ観賞池170520
カルガモにも動じず


今日確認された鳥:アオサギ、ツバメ(水のみ)、ハシボソガラス、カワラヒワ等15種+ホンセイインコ(いわもと)
※更新が遅くなり、すみませんでした。
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2104-c6a9654b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード