光が丘公園バードサンクチュアリ

夏の虫の終わり渡りの始まり

2017年9月2日(土)雨のち晴れ
朝は長袖着ていても寒いほどの気温でしたが、昼間にはじりじりと日差しが肌を攻撃してきます。閉園後は暗くなるのが早くなり季節が変わり始めています。

噂のインコの仲間
サンクチュアリから見える清掃工場の煙突あたりをチョウゲンボウが飛び回っていました。サンクチュアリからは見えづらく、噴水広場あたりから観察するのがおすすめです。最近の難しい研究の結果チョウゲンボウやハヤブサがインコの仲間ということに、いまだ信じられないのは私だけでしょうか。

1DSC_4688.jpg

左下ハヤブサ、右上チョウゲンボウ
(撮影・長田さん)


秋色
サンクチュアリの周りにネキトンボがいました。夏の間涼しいところに飛んでいったアカトンボたちも、そろそろ少しずつ目につくように。

1DSCN0303.jpg

ネキトンボどこにいるのかというと…
(撮影・柴田絵里さん)


1DSCN0309.jpg

自転車のハンドル!
(撮影・柴田絵里さん)




差し歯?入れ歯?
サンクチュアリ上空にサシバが通過。工場煙突方向に向かってチョウゲンボウと追いかけっこ。サンクチュアリ内は木々が多いです。なのでサンクチュアリのお向かいの原っぱから観察するのがおすすめです。

1DSC_4958.jpg

サシバ
(撮影・長田さん)


夏の虫もそろそろ終わり
夏の間元気よく鳴いていたセミたちも、今は夏の終わりを悲しむように覇気のない声で鳴いています。樹液のでるクヌギにはもうカブトムシの姿はなく、たくさんのオオスズメバチでにぎわっていました。


1P9023626.jpg

エビヅル、ノブドウカーテンにはブドウスズメの幼虫の姿
(撮影・柴田絵里さん)


18Y4A9744.jpg

最後のあがきはなくアオサギに飲まれるアブラゼミ
虫のおかげでたくさんの生き物が助かっています。
(撮影・岡井孝さん)




今日確認された鳥:カルガモ、アオサギ、カワセミ、エゾムシクイ(声のみ)13(+外来種1)種(つちや)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2149-d877b565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード