光が丘公園バードサンクチュアリ

秋の香りとスッポンとハチ

2017年9月10日(日)晴れ
早くもサンクチュアリの入口ではキンモクセイの花の香りがふわりとかすかに香り始めました。秋の始まりを告げる香り。
日没も早くなりました。

1P9100377.jpg

キンモクセイの近くでひっそりとゲンノショウコ
(撮影・齋藤豊広さん)


ポンドビュー
風通しもよく池も見渡せて眺めもよい観察窓に、巣を作るオオフタオビドロバチ。ハチに見慣れていない人は、その黒とオレンジの縞々模様に本能的に驚いてしまうようです。安心してください!ハチにもいろいろ種類がいますよ!オオフタオビドロバチはスズメバチと違って群れませんし、巣の穴は卵を産んだら泥で塞いでしまいます。だからむやみに怖がらないで!

1CIMG0683.jpg

「眺めよし!」


1CIMG0687.jpg

壁の穴に入っていくオオフタオビドロバチ
「卵は産めそうかな…」


1CIMG0686.jpg

結構奥は広いみたいだ。なかなかドロバチが穴からでてこない。



活スッポン
アオサギが池の中で、人の手のひらよりちょっと小さいぐらいのスッポンをゲット!
くちばしでつかむので精一杯のようす。スッポンを触ったことのある人にはよくわかるのですが、スッポンってヌルっとしてつかめないんですよ。アオサギがどうやって食べようか考え中に、するっとスッポンがくちばしから落ちて池の中にダイブ!アオサギはスッポンを食べれず名残惜しそうに、水の中にくちばしを突っ込んでいました。

1アオサギ1_岡井孝さん170910

スッポンVSアオサギ
(撮影・岡井孝さん)


1アオサギアンテナ_古屋真さん170910

「あのスッポンたべたかったなぁ…」
まるで神様にお願いしているみたい。
(撮影・古屋真さん)


今日確認された鳥:カルガモ、カイツブリ、ツミ等10(+1外来種)種(つちや)

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2152-01a0535a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード