光が丘公園バードサンクチュアリ

氷、溶けず

2018年1月28日(日)曇り
昨日一週間ぶりに人が入った観察舎は雪と氷まみれでした。
今日も夜間の冷え込みで池に張った氷は成長しています。
昨日5.9cmあったしょうぶ池の氷は、割らずに残していた場所を測ると厚いところで6.5cmほどありました。
しょうぶ池氷
層がわかる(写真は5.4cmを指しています)

昼の12時になっても観察舎内の気温は0度。
日差しのない時間が多く、寒さで思わず丸まってしまうスタッフでした。
ハクセキレイ
雪の上でハクセキレイもまん丸
(撮影:岡井孝さん)



よく見える
雪でヒメガマなどの背の高い水草が倒れ、池の奧まで凍っている様子がよく見えます。
北東部
普段は見えない池の北東部が見えている

池西部
西部では雨などにより再びたまった水が凍っている

ポンプ池
観察舎すぐ近くのポンプ池は雪と氷に埋もれて見えない


これは何?君はだれ?
木の上に何だか白いものが!
樹上の雪
鳥?それにしてはやけにまっしろ
(撮影:岡井孝さん)

不思議な形に溶け残った雪でした。
樹上の雪
自然の造形
(撮影:岡井孝さん)


池の奥のほうにシロハラを発見。
よく見かける顔の黒い個体かと思いきや…?
シロハラ
顔が黒いふり
(撮影:岡井孝さん)

木の陰に入ってうまい具合に黒っぽい頭部に見えていました。

食糧を探して
サンクチュアリ向かいの原っぱ付近ではムクドリたちがウロウロ。
ムクドリ
センダンの下で食べ物を探す
(撮影:岡井孝さん)


サンクチュアリでは木の上デじっとしていることが多く「置物ですか?」と聞かれることすらあるノスリも、
地面が見えている場所をキョロキョロと見ては食糧を探しているような様子でした。
ノスリ
食べ物を探してサンクチュアリ内を移動
(撮影:岡井孝さん)

寒さが厳しく食べるものが少ない中でも、
野生の動物たちは自分たちでエサを見つけて生き抜いています。

今日確認された鳥:キジバト、コゲラ、ジョウビタキなど16種(ごとう)
※更新が遅くなり申し訳ございません。
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2217-b521e04b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード