光が丘公園バードサンクチュアリ

節分と水分

2018年2月3日(土)曇り
今日は2月3日、節分です。
節分にはヒイラギの葉と焼いたイワシの頭を飾るという風習がある地域もありますが、池干し中のサンクチュアリの在来魚を保護しているいけすの近くではイワシではなくモツゴが飾られていました。
はやにえモツゴ
枝に刺さったモツゴ

犯人はモズ。獲物を枝などに刺す"はやにえ"と呼ばれる行動です。
このような行動をとる理由はエサの貯蔵や縄張りの主張など諸説ありますが、詳しくはわかっていません。
ヒイラギ
サンクチュアリにはヒイラギもありますよ!
節分の魔除けはこれでばっちり?


色鳥々(いろとりどり)
シジュウカラ・エナガ・メジロの混群がやって来ました。
観察窓近くの茂みが小鳥たちで賑やかです。
エナガ
エナガ
白黒ピンクの可愛らしい姿
(撮影:齋藤豊広さん)

シジュウカラ
シジュウカラは黒いネクタイにオリーブ色の背中
(撮影:斎藤豊広さん)

メジロ
メジロ
喉元の黄色が鮮やかな個体
(撮影:斎藤豊広さん)

地面に目を向けるとこんな彩りも。
まだまだ冷え込む日も多いですが、春の足音は確実に近づいているようです。
ホトケノザ
ホトケノザ
ちなみに、春の七草のホトケノザはこれとは別のコオニタビラコという植物です
(撮影:斎藤豊広さん)


水辺認定?
雨や溶けた雪で水たまりがかなり広がっています。
ウグイス
ウグイスはススキの根元から池の様子を偵察?
(撮影:岡井孝さん)

シメ
シメ「水浴び場所がまた増えた!」
ハクセキレイ「わたしはあっちに移動しようかしら」
(撮影:岡井孝さん)


そんな中、観察舎では「あの首の長い鳥はなんだ?」との声が上がります。
上空に現れたその鳥の正体はカワウでした。
隣の池(観賞池)に降りるのか?とソワソワしながら見ていると、急旋回してサンクチュアリ池の北東部へ。
広がった水たまりを水辺と認識したのか!と、久しぶりの水鳥の登場に観察舎もにぎわいます。
しかし泳ぐには水深が足りなかったようで、水中で立ち止まったと思ったら飛び立って行ってしまいました。
カワウ
「まだちょっと早かった!さよなら!」
(撮影:斎藤豊広さん)


池に水がない期間も残りわずか。今しか見られない景色をお楽しみください。
コガモ
お隣の観賞池にはコガモが2羽来ていた
(撮影:斎藤豊広さん)



今日確認された鳥:オナガ、ツグミ、アトリ(♀4♂1)など19種+外来種1(ごとう)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2219-b88176e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード