FC2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

薄氷のサンクチュアリ

2018年2月18日(日)晴れ
今月の10日から水が入り始めたサンクチュアリ池。
水位もすっかり元に戻った池は、朝来ると観察舎近くの浅場が薄らと凍っていました。
朝の池
浅場は池底がよく乾いたため、水が透き通って底まで見える

一面凍結!とまではいきませんが、朝晩の冷え込み具合がよく分かります。
日中も、北向きの観察舎はひとたび風が吹けば震えてしまうほどの寒さでした。
夕方の池
午後には氷は解けていた


咥えてどうするの?
少しずつ春が近付いているとはいえ、まだまだ寒く食べるものも少ないこの時期。
そんな中でも、生き物たちは自力で食べものを探し生き抜きます。
ムクドリ
新芽を食べに来たムクドリ
(撮影:齋藤豊広さん)

観察舎近くでは、今日もエナガがクモの巣を運ぶのに大忙し。
これは食べるためではなく、巣を作るための材料になります。
エナガ
いそいそと運びます
(撮影:齋藤豊広さん)


お出迎え
サンクチュアリ入口のフェンスにジョウビタキがとまっていました。
入口の方に姿を現すと、どんな人が来るのか偵察しているのでは!?と思えてきます。
ジョウビタキ
鳥を見るとき、鳥もまたこちらを見ているのだ!
(撮影:齋藤豊広さん)

アオジ
アオジ「見ているのだ!!」
(撮影:齋藤豊広さん)


今日確認された鳥:カイツブリ、シジュウカラ、ウグイスなど19種+外来種1(ごとう)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2225-c2eaa487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード