FC2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

春の足音

2018年3月11日(日)晴れ
今日の光が丘公園バードサンクチュアリは、よい天気に恵まれ、たくさんのお客様と生きものたちでにぎわいました。
日なたはうららかな春の陽気、日影は肌寒く冬の名残。確実に春の足音は近づいています。サンクチュアリではキブシの花が満開です。

忙しい忙しい
エナガは一足早く巣造りの季節。樹の幹にくっついたクモの糸を引きちぎり、クチバシにくわえて飛び去りました。
巣材を運ぶエナガ
クモの糸を引っぱるー
(撮影:岡井孝さん)

クモの糸やコケ、鳥の羽を集めて、ふわふわの巣を作ります。
使い終わった巣をサンクチュアリで展示していますので、ぜひご覧ください。

今日の水鳥
今日もオシドリの姿がありました。ほとんどの時間を木陰で過ごし、ときどき出てきます。見られた人は、ラッキー☆
オシドリペア
ちょっとだけ〜(撮影:齋藤豊広さん)

コガモは5羽。ほとんどの時間は眠っています。
コガモ集合
全員集合(撮影:齋藤豊広さん)

コガモがパタパタ
羽を伸ばす〜パタパタ!
(撮影:岡井孝さん)


【閲覧注意!!】
ここから下は、カエルの卵が苦手なかたは見ないでください m(_ _)m



にょろにょろ〜
ヒキガエルたちの産卵狂想曲は終わりを迎え、静かな水面にロープ状のにょろにょろした卵がよく見えます。
すでに、ゼリー状の卵囊が崩れ、卵が露出しているものもあります。
ヒキガエルの卵
卵びっしり

今年は水温が高いのか、観賞池(サンクチュアリの隣の池)では、ほとんど寒天状のロープが崩れ、発生が進んでいるようでした。来週にはゼリーから出てヒジキのようになっているかもしれません(オタマジャクシの前段階です)。
サンクチュアリ入口の池には、ロープ状のヒキガエルの卵囊と、一つ一つの丸い卵がボール状に集合したニホンアカガエルの卵囊(下写真中央)が見られます。
ニホンアカガエルの卵
ボール状のつぶつぶ

これからの成長がとても楽しみです。


今日確認された鳥:アオサギ(3羽)、カルガモ、ウグイスなど 20種(ますなが)


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2232-fd7e9a92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード