FC2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

梅雨寒でも元気な姿

2018年6月16日(土)曇り
雨は朝のうちにやみ、曇りの1日でしたが、気温が低く、いつもは涼しい観察舎では、少し寒いくらいでした。

独り立ちに向けて
肌寒い思いをしながら池を眺めていると、どうやら水面が騒がしい様子。見ると、カイツブリがアメンボを追いかけていました。親鳥の姿がなくなって、独り立ちも近い様子のカイツブリ達。自力で生きていくため、エサ捕りに奮闘しています。
20180616_カイツブリ_斉藤さん
アメンボめがけてダッシュ
(撮影:齋藤豊広さん)

20180616_カイツブリとアオスジアゲハ_斉藤さん
アオスジアゲハを捕獲
(撮影:齋藤豊広さん)


高みの見物
人の姿も鳥の姿も静かな雨上がりの朝のサンクチュアリに、ノスリが姿を現しました。木の上から悠々と池を見下ろすその姿は、優雅なものです。その目に、サンクチュアリは、どのように映っているのでしょうか。しばらくすると、カラスにちょっかいをかけられて木立に消えていきました。
20180616_ノスリ_岡井さん
「邪魔しないで!」
(撮影:岡井孝さん)


雨上がりを待って
観察窓下の壁をよく見ると、ヤゴの抜け殻が付いています。雨が降ってしっとりした日には、ヤゴがはるばる歩いて来て、羽化をしているようです。今日は、壁につかまるオオシオカラトンボの姿が見られました。羽化を終え、飛び立つ時をじっと待っていたのでしょう。雨が止んだ午後には、光が丘の空に旅立っていきました。
20180616_オオシオカラトンボ_斉藤さん
その時を待つオオシオカラトンボ
(撮影:齋藤豊広さん)


今日確認された鳥:カイツブリ、ノスリ、ツバメなど 14種(あいはら)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2271-e11bcfb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード