FC2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

猛禽日和とツツドリと

2018年9月13日(木)晴れ
ここ数日で急速に秋めいてきた中での平日開園日。
晴天にもかかわらず、気温は常に25度を下回り、とても過ごしやすい一日でした。

ポットとスズメバチ
今月から営業再開中の茶房に、珍しい利用客が……?
(※普段はいませんのでご安心ください)


猛禽日和
本日のバードサンクチュアリは猛禽日和。
2羽のサシバ幼鳥とツミが上空で追いかけっこを始めたのを皮切りに、2種の追いかけっこに加わるオオタカ幼鳥、我関せずと羽を休めるノスリ、昆虫を捕食するツミなどが観察され、「世はまさに猛禽時代」といった様相でした。
遠目には判別の難しい猛禽たちの、個性豊かなアップ写真がそろい踏みしましたので、ご紹介します。

サシバ
サシバは秋の渡りの途中。
この季節だけの注目の鳥です。
(撮影:岡井孝さん)

ノスリ
のんびりと長居してくれたノスリ。
カラスにちょっかいをかけられて、見事な蹴りで反撃する姿も。
(撮影:岡井孝さん)

ツミ
日本最小のタカであるツミ。
自分より大きなカラスを追いかける姿も見られました。
(撮影:岡井孝さん)


ツミかな、と思ったら
またツミが来たのかな、と思ったところ、レンズに映ったのは目を引く縞模様。
カッコウの仲間のツツドリ、1年ぶりのご登場です!

ツツドリ
サシバと同じく、秋の渡りの途中です。
(撮影:渡辺正明さん)


無情の世界
望遠鏡で捉えるのは難しいのですが、サンクチュアリ池では多数のニホンスッポンが生息・繁殖しています。小さいものでは硬貨サイズの可愛らしいスッポン幼体を、来たる15日の一日水族館で皆さんにお見せできたらいいなぁ、などと思っていた矢先……

スッポンを喰らうアオサギ
あ、あぁー!!
(撮影:岡井孝さん)

アオサギに喰らわれるスッポン
おわかりいただけただろうか。
(撮影:岡井孝さん)

鮮やかなお腹がキュートなちびスッポンは、無情にもアオサギのお腹の中へ。自然界のオキテはかくも厳しいものなのです。

そしてもうひとつ、自然界の厳しさを知らしめる出来事があったかもしれません。
9日に可愛らしい姿を見せてくれたカイツブリのヒナが、本日は見当たらず、親が餌を運ぶような仕草も見られませんでした。つがいは2羽とも健在ですが、飛行練習をする姿も観察されており……週末のカイツブリの動向に注目です。

カイツブリの飛翔
飛行練習をするカイツブリ。レアショット!
(撮影:岡井孝さん)


今日確認された鳥:カルガモ、カイツブリ、カワセミなど 12種(さくら)


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2311-f6fe1ca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード