FC2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

3羽のカイツブリ

2021年 6月6日(日)雨のち晴れ
朝から雨がぱらついたバードサンクチュアリ。不安定な空模様のためか来園者数も控えめで、落ち着いた1日となりました。
ネジバナ210606古屋さん
ネジバナ
日当たりの良い場所に咲く可憐な花です
花の並ぶ向きは右巻きと左巻き両方あります
(ちなみに、捻じれないものもあります)
(撮影:古屋真さん)


カイツブリ成長が3羽に!
今日はサンクチュアリ生まれの親子(成鳥1羽、幼鳥2羽)とは別に、新たに2羽の成鳥のカイツブリが見られました!
カイツブリ成鳥3羽210606
一堂に会するカイツブリ成鳥3羽

新しく来た2羽のカイツブリは寄り添って休んだり、ケレケレと鳴き合ったりとなんだか親しげな様子。一方で元からいたカイツブリ親子からは度々追いかけまわされていました。
カイツブリnew成鳥210606古屋さん
新参カイツブリ2羽
(撮影:古屋真さん)

カイツブリ追いかけっこ210606古屋
追い回されてこの表情
(撮影:古屋真さん)


見つけにくいけど、いないわけじゃない
木々の葉が茂るこの時期は、冬に比べて小鳥たちの姿が見つけにくくなります。しかし、あくまで見つけにくいというだけで、いないわけではありません!
ムクドリ210606_齋藤豊広さん
今日はサンクチュアリ内でムクドリがよく見られました
(撮影:斉藤豊広さん)

シジュウカラ210606古屋さん
シジュウカラ
草はらでガを捕らえたようです
(撮影:古屋真さん)

動きの速い小鳥たちも、しっかり目で追って捉えれば備え付けの望遠鏡でも観察できます!スタッフも観察のお手伝いをしますので、ぜひお気軽にお声がけくださいませ。

落ち葉の中の生きものたち
本日バードサンクチュアリでは、側溝に溜まった落ち葉の掃除を行いました。スコップで落ち葉を掘り出すと、様々な生きものが姿を見せます。カエルやハサミムシ、ムカデやクモやミミズなど……あまり目を向けたことがないという方も多いかもしれませんが、生きものの死骸や落ち葉なとを食べて細かくしてくれる、豊かな土壌には必要不可欠な存在です。
ミミズ@側溝210606
ミミズ

ハサミムシ210606古屋さん
ハサミムシ
母親が卵を守り、その後孵化した幼虫の餌になる習性で有名です
(撮影:古屋真さん)



今日確認された鳥:ダイサギ、コゲラ、カワセミなど16種(ごとう)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2757-530e0d45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード