fc2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

熱暑と食欲の秋

2021年9月23日(木・祝)晴れ
光が丘公園バードサンクチュアリ、今週2回目の、祝日の開園。
日陰でも気温は30度に近く、照り付ける日差しが強烈な1日でした。
吹き抜ける風には秋の涼しさを感じられましたが、まだまだ熱中症対策が必要そうです。

寄り添う2羽
長らく1羽でいたものの、火曜日(作業日)に2羽で鳴き交わす姿が目撃されていたカイツブリ。
本日も、2羽で仲良さげに過ごす姿が観察されました。
9月でも繁殖することがありますが、このカイツブリたちは、果たして……?

カイツブリ210923_齋藤豊広さん
どちらも繁殖羽のカイツブリ。
片方は、以前から滞在している子でしょうか?
(撮影:齋藤豊広さん)


食欲の秋
「残暑」という言葉では片付けがたい暑さですが、暦の上では秋。
寒い冬を越すため、遠い土地へ旅するため、あるいは単にお腹が空いたから……何かを食べる生きものの姿を観察しやすい季節でもあります。
鳥たちのお食事風景とともに、「食欲の秋」を感じてみましょう。

カワセミ210923_齋藤豊広さん
見事に小魚(モツゴ)を捕まえたカワセミ。
(撮影:齋藤豊広さん)

ダイサギ210923_齋藤豊広さん
ちょっと見づらいですが、ザリガニをくわえています。
赤くなくても外来種のアメリカザリガニ。
外来種防除に一役買う(?)ダイサギです。
(撮影:齋藤豊広さん)

ノスリ210923_齋藤豊広さん
ノスリは今日もカマキリをゲット!
ちなみに、ノスリは本日2羽が目撃されました。
(撮影:齋藤豊広さん)


シジミ
ついつい大きな生きものにばかり目を向けてしまいがちですが、小さな生きものにも注目すると、新しい発見があるかもしれません。
たとえば、小さなチョウの仲間、シジミチョウ。
実は、都会でよく見られるだけでも、色々な種のシジミチョウがいます。
普段見ているのは、どのシジミチョウなのか……図鑑を片手に調べてみる「読書の秋」など、いかがでしょうか?

ウラナミシジミ210923_古屋真さん
望遠鏡で翅を休めるウラナミシジミ。
後翅からぴょんと飛び出している部分(左上)は「尾状突起」と言います。
種によってあったりなかったりするので、見分けるポイントにもなる尾状突起。
奥深いチョウの世界の一端です。
(撮影:古屋真さん)



今日確認された鳥:カルガモ、アオサギ、オナガなど11種(さくら)


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2806-c549d66e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード