fc2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

定点観察シリーズ

2021年9月26日(日)曇り
本日のバードサンクチュアリも涼しく過ごしやすい1日となりました。来週末は再び暑くなる予報のようです。暑さしのぎやちょっとした休憩がてら、サンクチュアリで自然観察をお楽しみくださいい。

定点その①ジュズダマ
20日(月・祝)のブログでもお伝えした、サンクチュアリ入り口のジュズダマで育つクロコノマチョウの幼虫。本日ジュズダマを見てみると、葉がかなりの虫食い状態に!幼虫の大きさも、20日の時点では1㎝ほどの大きさでしたが、1週間で4cmほどに大きさにまで成長していました。
クロコノマチョウ幼虫210926
すくすく成長!
顔の模様には個体差があるようです


定点その②ノスリ
昨日2羽見られたノスリは本日は1羽の確認となりましたが、カマキリを食べてヒキガエルを食べてまたカマキリを食べて……と食欲の秋!な様子を見せてくれました。
ノスリ_カマキリget210926斉藤さん
カマキリを咥えて、枝の上にひとっ飛び
(撮影:斉藤豊広さん)

ノスリ_ヒキガエルget210926斉藤さん
お次はヒキガエルを掴んで、枝の上にひとっ飛び
(撮影:斉藤豊広さん)

多くの生きものの場合、植物や植物についているイモムシたちのように特定の場所で確実に見られる!とはいきませんが、どんな場所(環境)を利用しているのかが探すヒントになります。ノスリなら、ヒキガエルやカマキリを見つけるにはどこが探しやすいか?カワセミなら、池に飛び込んで魚を捕るならどこがよさそうか?ぜひ生きもの目線で探してみてください。

定点その③小鳥の入れ代わり
観察舎の近くにシジュウカラやエナガの混群がやってきました。素早く動き回る小鳥たちを観察していると、群れの中に違う種類の鳥を発見!
メボソムシクイ210926長田さん_3
ムシクイだ!(おそらくメボソムシクイ)
日本の山地で繁殖を終え、東南アジアに移動していく渡り鳥です
(撮影:長田さん)

ムシクイの仲間は識別が容易ではないため、いろいろな向きから写真を撮らせてくれるとありがたいのですが……
シジュウカラ210926斉藤さん
数秒後には、ムシクイがいた場所にシジュウカラがいました
あっという間に行ってしまったようです
(撮影:斉藤豊広さん)

姿を捕らえるのが難しい、だからこそ探すのが楽しい渡りの小鳥なのでした。

今日確認された鳥:カイツブリ、カワセミ、オナガなど15種(ごとう)

おまけ
本文中の写真はトリミングしてしまって定点撮影感が薄れてしまったので、同じ場所だということがわかりやすい写真を並べてみました。

ノスリ_カマキリget210926斉藤さん_大
ノスリ_ヒキガエルget210926斉藤さん_大
上:カマキリを咥えているノスリ
下:ヒキガエルを掴んでいるノスリ
(撮影:どちらも斉藤豊広さん)


メボソムシクイ210926長田さん_3_大シジュウカラ210926斉藤さん_大
上:センダイムシクイ(撮影:長田さん)
右:シジュウカラ幼鳥(撮影:斉藤豊広さん)


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/2808-e9a0be07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード