光が丘公園バードサンクチュアリ

季節が変わる・・・

2008年9月6日(土)曇のち晴
今日の光が丘公園バードサンクチュアリは、雲に覆われた一日。それでもお昼過ぎには日が差して、お散歩日和になりました。セミの声はまだまだにぎやかですが、生きものたちの様子は秋になりつつあります。

美しいチョウ
コムラサキ

午前中のサンクチュアリには、こんな素敵なチョウがやってきてくれました。コムラサキです。羽を広げると、本当に美しい紫色が広がります。
ちなみに顔はこんな感じ。黄色い目玉が印象的で、ユーモラスな顔でした。タテハチョウの仲間なので、昆虫なのに足が4本しかないように見えます。実は退化した足があるそうです。
コムラサキの顔


久しぶり!
今日はいろいろな鳥たちが訪れてくれて、やっとバードサンクチュアリらしさが戻ってきました。
久しぶりのモズ。りりしい姿を見せてくれた後、林の方へ飛んでいってしまいました。カワセミの幼鳥も、サンクチュアリ池と観賞池(隣の池です)をうろうろしていました。観察窓からほど近い止まり木にとまる姿は、キュート!の一言。
鳥たちの食欲の秋も目撃。カイツブリは、アメリカザリガニを食べていましたし、アオサギは大きなウシガエルを捕まえて飲み込むのに一苦労していました。
鳥たちの様子から季節の移り変わりを実感しながら、楽しい一日を過ごしました。

今日サンクチュアリに来た鳥
カイツブリ、モズ、ヒヨドリ、ムクドリ、オナガなど11種

(生態工房 ますなが)


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/553-8fec480b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード