光が丘公園バードサンクチュアリ

水辺の鳥たち

2008年10月13日(月 祝)晴れ

今日の光が丘公園バードサンクチュアリは気持ちの良い晴れ。北の国からの渡り鳥たちも少しずつやってきているようです。冬鳥たちが見られる!と思えば、厳しい冬も待ち遠しい?

忙しい方々
スイレンの隙間から姿を現したのはバンの幼鳥です。成鳥は額が真っ赤ですが、幼鳥の額は白いんですね。なかなか一つの所にじっとしていてくれないので、望遠鏡で観察するのも一苦労。すぐにヒメガマの繁みの中に姿を隠してしまいました。
バン

じっとしていないのはこちらも同じ。カイツブリです。スイレンの中を出たり入ったりしていたのですが、水中はスイレンの茎だらけのはず。泳ぎづらくないんでしょうか?ところでこの写真、妙に立体感がなくて作り物みたいに見えますね…
カイツブリ


カワセミの特等席
サンクチュアリにやってくるカワセミたちは、隣の鑑賞池とサンクチュアリの池を交互に利用しているようです。今日は午後になって、メスのカワセミがやってきました。しばらく観察舎から遠い場所にいたのですが、我々の視線を感じたのか、観察舎の目と鼻の先にある杭に留まりに来ました!夏の間はよくトンボが留まっていた杭ですが、今やカワセミの特等席。「私を見て!」と言っているようなカワセミのすました表情です。
カワセミ

今日サンクチュアリに来た鳥
カワセミ、バン、オオタカなど12種

(生態工房 やべ)




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/575-e73ea03b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード