光が丘公園バードサンクチュアリ

ノビタキ登場!

2009年9月5日(土)晴れ

気温は高かったですが、終始涼しい風が吹いていて、なんとなく秋の気配。鳥たちの種類や数が、夏よりも増えてきたようです。

秋の使者
ノビタキ

「何だかわからない小鳥がいる」と呼ばれて見てみると、ヨシの穂にノビタキがいました。シオカラトンボを採って、長いこと地上で採食。
ノビタキ隠れ

こんな様子

その後はヨシに戻り、しばらく風に揺られていました。
ノビタキは、光が丘公園では9月から10月にサンクチュアリやすすき原っぱで観察されます。これから南の国へ向かって長い旅を続けます。

その他の面々
カイツブリ

ノビタキの出現に沸いたサンクチュアリですが、今日はほかにもいろいろな鳥が見られました。カイツブリ、カルガモ、カワセミなどのいつもの面々が、常時見られました。圧巻はオナガ幼鳥の群れ。中島の水際でずっと水浴びしていました。サンクチュアリでは、タイミングを外すと、あまり鳥を観察できないこともありますが、今日はフラッと立ち寄った普通の人でも、何種類もの鳥を観察できたのではないでしょうか。

今日確認された鳥
カイツブリ2、アオサギ2、カルガモ5、カワセミ2幼鳥、ツバメ、オナガ17幼鳥など13種
そのほか クサガメ、ウシガエル、ヒカゲチョウなど
(さとう)


生態工房
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/797-5eb6202a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード