光が丘公園バードサンクチュアリ

外来種駆除には絶好の…

2009年10月31日(土)晴れ
今日も良い天気です。オオタカはいますか?と聞かれることが急に増えてきました。寒い季節はつらいですが、うれしい季節の到来です。

しばらく滞在
午前中、姿を見せては林内に消えて、みんなを一喜一憂させたオオタカ。が、午後はしばらくの間撮影しやすい場所で休憩をしていました。

ootaka


鋭い眼がかっこいいですね。やはり成鳥は見た歓びがひと味違います。

駆除には良い時期?
外来生物問題について、スタッフと共に勉強した子どもたちが、入口脇の池でウシガエル捕りをしてくれています。この時期、水生生物たちは動きが鈍くなるためワナを仕掛けてもあまり効果がなくなるのですが、子どもたちの手の届くこの池では、動きが鈍くなった動物たちはすぐに捕まってしまいます。しかし、毎週30頭近く捕獲されるウシガエル。それでも根絶への道は一向に見えません。駆除ってやっぱり、大変です…。

usigaeru



くりはら

(生態工房)


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/830-b86873c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード