光が丘公園バードサンクチュアリ

「樹林性鳥類の水浴び場」完成

2010年 1月15日(日)快晴

年末年始の繁忙期に、エコモニの参加者の皆さんと共に進められてきた「樹林性鳥類の水浴び場整備」がいよいよ完了しました。

これまでに、池の凹地整備、ソーラーパネルの架台制作と観察舎屋根への設置・配線。小型揚水ポンプの設置・ソーラーパネルとの接続。ポンプと池までの揚水管接続。配線・配管の埋設を全て終了しました。
昨日、揚水テストをしたところ、無事に太陽光で池に水が汲上げられることを確認しました。

これが小型ポンプによる取水口。
ポンプ
ポンプは7cm足らずの小ささなのですが、パワーはあるようです。

おぉ~!! 出てきたぁ。ここから池に注ぎます。
給水
結構、勢い良く出ています。

そして、今日15日の昼に確認したところ、下の池から自動給水され、長さ6.5m・最大幅0.9m・最大深度16cmの池が出現していました!!
池
なかなか自然な感じです。これから周囲に草などが生えて、馴染んでくると思います。この池は、観察舎東側(入って右側)の窓から見ることが出来ます。

やや難点なのが、観察舎南側屋根に設置したソーラーパネル(20W×2枚=40W)に、太陽光がちゃんと当たっていれば汲上げますが、下のように木陰になると、とたんに殆ど止まって汲上げなくなることです。
ソーラーパネル
この時期だと13:40頃には木の陰で停止してしまいます。しかし、数時間で満水になることと、漏水がなければ溜まった状態になるので、ポンプのある池の水位が大きく下がったり、何日も曇りが続いたりしなければ、池が涸れることはまずありません。

《エコモニ参加者の方へ》
今度のエコモニに参加していただいた方々に、心より感謝いたします。本当にありがとうございました。エコモニ作業後に、現場で完成した姿を見て頂けなくて残念でしたが、是非今度、実際に来てみてご覧頂ければと思います。皆さんの協力で出来た池が、鳥たちの憩いの場となる日を、楽しみに期待しています。

来園されるその他の方々も、今後にどうぞご期待下さい。

(いとう)


生態工房
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/870-f4c4fdef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード