光が丘公園バードサンクチュアリ

いろいろな生き物が棲んでいます

2010年7月4日(日)くもりのち雨

朝からわずかに日が射すものの、日中は薄曇り、夕方には予報通りの雨が落ちてくるという一日でした。
蒸し暑く、空気の流れが止まっていて、なかなか重苦しい観察舎です。


響き渡るカイツブリの声
鳥の姿もあまり見られず、静かな池ですが、それでも時折カイツブリの声が響きます。
午後には時折池を横切る姿が見られます。お客様からは何度かカイツブリの営巣の様子を聞かれますが、大きな声は営巣と関係があるのでしょうか。

カイツブリ



やっと現れました、アオサギ
合い言葉のように?鳥が見えないねえ、と言っているところに、アオサギが現れました。木の枝に止まって、たたずんでいます。お客様からは、かわいいね、の声。常連のお客様からは、以前アオサギが大きなウシガエルを食べたときの話も聞かれました。なんでも一時間近くかかって飲み込んだとのこと。見てみたいですね。


ネジバナが咲いています
観察舎の窓の下にはネジバナが4,5株見られます。
wikipediaには、「庭園の芝生などに普通に見られ、サツキや他種の山野草を植えた鉢に落ちた種子から発芽した株が非常に強健に育つにもかかわらず、ネジバナ単独で鉢植え栽培をしようとすると栽培がかなり難しい場合がある」とあります。環境が適合して株が増えるところではたくさんの群落を見ることができますが、育てようとするとなかなか難しい、素朴で複雑?な植物です。草刈りから逃れたのでしょうか。


トンボなど、いろいろな昆虫も見られます
鳥の姿は少ないですが、ショウジョウトンボ、ギンヤンマ、チョウトンボ、シオカラトンボ、ゴマダラカミキリ等が見られました。
サンクチュアリの池や草はらは、いろいろな生きものが棲む事のできる貴重な環境ですね。上の写真はチョウトンボ、下はゴマダラカミキリです(撮影:古屋真さん)。

チョウトンボ


ゴミダラカミキリ





今日観察された鳥など
カイツブリ、アオサギ、イワツバメ、ツバメ、セグロセキレイ幼鳥など13種。
トンボが多く見られるようになりました。

(宮下)

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/949-0fb8a080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード