光が丘公園バードサンクチュアリ

夜開園最終日

2010年8月21日(土)晴れ

げんなりのクサギ
尋常ではない炎暑は、人や動物はもちろん植物にもダメージがあるようです。サンクチュアリの入口にあるクサギ。花もは盛りを過ぎているものの、クロアゲハなどが盛んに訪花しています。でも今日は、葉がだらりと下に下がり、萎れかかっているようでした。
萎れたクサギ


ネムノキ受難
クサギの隣には、ネムノキが同じように枝を広げています。もう花の時期ではありません。この枝をよく見ると、沢山のカメムシの幼虫が枝に口を突き立て、汁を吸っています。付近には成虫もいて、交尾もしていました。これは、オオクモヘリカメムシといい、ほぼネムノキのみに付きます。
オオクモヘリカメムシ


アオスジアゲハのその後
以前紹介したアオスジアゲハの幼虫なのですが、蛹になったものの、残念ながらハチの寄生を受けている様子で、色が濁った暗緑色に変色してしまいました。恐らくこの後、大きなハチが1匹出てくることでしょう。
寄生されたアオスジアゲハの蛹


コウモリ観察
今日は、前回に続いて夜開園の最終日。18時を過ぎるとコウモリを観察しようと、お客さんが集まりました。18:30から、コウモリについて解説しました。観察窓から見ると、夜でも少し白む空をバックに、黒い陰が横切るのが見られます。皆さん、意外に沢山飛んでいるのを見て驚かれていました。コウモリは人には聞こえない超音波を断続的に出して、その反射波を聞くことで障害物や獲物を判別することなどを伝え、その超音波を可聴音に変換する機械バットディテクターでその音を拾いました。“チュチュチュ…”とか“プップップッ…”という音がそこかしこから聞こえると、それを実感出来たようで、子供から大人までちよっと興奮気味に喜んでいただけました。
コウモリを観察する来園者


ライトトラップ
夜開園では、階段を上がったところでライトトラップも行います。白布を立て、昆虫の好きな紫外線が出るブラックライトという特殊な蛍光灯を照らします。18時ごろから点灯していると、19時ごろから昆虫が集まり出しました。多いのは、アオドウガネとアブラゼミでした。他にはアミガサハゴロモやオオチャタテムシ、トウキョウヒメハンミョウ(下写真)などが来ていました。
トウキョウヒメハンミョウ


今日見られた鳥
カルガモ6羽、カワセミ、オナガなど。
カイツブリは、巣に乗って羽をばたつかせていることもありました。卵を冷却しているつもりなのかは定かではありません。

(いとう)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/970-2d84de54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード