光が丘公園バードサンクチュアリ

珍客来園

2010年10月2日(土)晴れ
秋といっても、まだツクツクボウシの声が聞かれることもあり、紅葉の季節もし
ばらく先の様子。

珍客 午前中から昼過ぎまでは、水面にカイツブリが見られる程度。遅くにアオサギが 現れましたが、常連の来園者には、ちょっと物足りない時間が静かに過ぎていき ました。 そんなときに、正面の島にあるヤナギの根元に、アリスイが見つかりました。 しかし、その柄が樹肌のような迷彩色で葉陰にいてあまり移動しないので、なか なか見つけ難い状態です(マウスポインタを写真の上に乗せてみて下さい 首を 伸ばします)。
アリスイは“蟻吸い”の意。キツツキの仲間で、クマゲラのように蟻を主食とし ます。 英名のwryneck(首の曲がった)は、警戒する時に見せる首をくねらせる 習性から来ていて、以前実際にアリスイを手にする機会があったのですが、ゆっ くりとくねらせていました。どことなく蛇のようにも見えるのですが、私には愛 嬌ある行動にしか感じられませんでした。 北日本で夏鳥として過した後、秋に関東を南下する途中に希に通過・滞在するよ うです。ここバードサンクチュアリでは、3回目の確認となります。 今日確認された鳥 上記の他ツミ、コゲラ、カワセミ、ハクセキレイ、ダイサギなど14種類。 (いとう)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/995-d3a23992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード