光が丘公園バードサンクチュアリ

平和な陽気と影

2017年6月10日(土)晴れのち曇
梅雨入りと言われていますが今日も雨は降らず。
予報では30度近くまであがるとのことでしたがサンクチュアリは爽やかな風が吹いていて過ごしやすかったです。

blogカルガモ観察舎屋根2_岡井孝さん170610
視線を感じて見上げると・・・
(撮影:岡井孝さん)

blogカルガモ観察舎屋根_岡井孝さん170610
カルガモが偵察中!
(撮影:岡井孝さん)


注目の子どもたちは...
カイツブリの子どもは4羽すくすく成長中!親鳥からごはんを捕る特訓を受けています。
少しずつ自分でも上手に捕れるようになってきました。

カイツブリヒナ_ザリ捕食_岡井孝さん170610トリミング
ザリガニだってなんのその!
(撮影:岡井孝さん)

カワセミの子どもは4羽今日も元気です。自分でごはんを捕っていました!
大人カワセミは交尾する姿も見られ第二子にも期待です。

blogカワセミヒナ_モツゴ捕食_岡井孝さん170610
自分でも捕れるもん!
(撮影:岡井孝さん)

そのカワセミの目の前の水面に黒い影が通り過ぎました。見ているとひょっこりと顔を出しました。
外来生物であるミシシッピアカミミガメ、通称ミドリガメでした。

カワセミとカメ
カワセミ(右真ん中)とアカミミガメ(赤丸)

大きいカメだと水鳥のヒナも食べてしまうことも...もともといた生き物たちは暮らしにくくなってしまいます。
ペットのためにも野生の生き物のためにも、飼っている方は最後まで大事に一緒にいてあげてください。

虫の子どもたち
入口のスロープ脇にあるネムノキの下に、同じ虫がパッと見ただけでも5匹くらいいました。

オオクモヘリカメムシ
長い触角が目立つよ!

オオクモヘリカメムシの幼虫です。大人になったらどんな姿になるのでしょうか。楽しみです。

企画展示壁リニューアル!
平日の間に、企画展示の場所を茶色く塗り替えました。
きれいになってより見やすくなったと来園者からも好評です。
ほかの壁も少しずつ塗り替えていく予定です。

blog企画展示作業風景
次回展示、絶賛準備中

次の企画展示『外来生物って何だろう??〜サンクチュアリのお仕事紹介〜』は6月18日(日)からです。
多くの方に外来生物について知ってもらい、考えてもらえたら嬉しいです。

今日確認された鳥:アオサギ(2羽)、シジュウカラ(ヒナ連れ)、ヒヨドリ等 14種+ホンセイインコ(おぬま)
このページのトップへ

花火と水

2017年6月4日(日)晴れ
湿度が低く、初夏らしい清々しい風が観察舎に流れます。
サンクチュアリ入口ではネムノキがピンク色の花火のような花を咲かせ始めました。 

1CIMG0361.jpg

ネムノキが満開になるころサンクチュアリは夏が始まります。



大きな試練
「ニーニー」「ピーピー」林の中で騒がしく小鳥の幼鳥が鳴いています。
親鳥にいろんなことを教えてもらい、一人前になっていきます。
他の鳥と混ざってシジュウカラの子どもが水浴びしに来ましたが、勇気がでないのか水面を眺めるばかり。

18Y4A9292.jpg

子ども「水めちゃ怖いんだけど…」
(撮影・岡井孝さん)


18Y4A9310.jpg

親鳥「早く水浴びして羽をキレイにしなさーい!」
(撮影・岡井孝さん)


18Y4A9294.jpg

子ども「無理。」
(撮影・岡井孝さん)


1P6040918.jpg

「がんばれー」と応援していそうなヒヨドリ
(撮影・斉藤豊広さん)



1ツバメ2_川崎将男さん170604

ツバメは飛びながら水浴びや水飲み
(撮影・川崎さん)


さまざま
最近ではどこそこの川にカルガモのヒナがいるよ~などと話を聞きますが、サンクチュアリではなかなか難しそうです。ヒナといえば、ついこの間の作業の日にキジバトの巣を発見してしまいました!遠目に2羽の鳥のシルエットが見え、頻繁に親鳥が出入りしていました。そのうちキジバトジュニアが見れるかもしれません。

18Y4A9307.jpg

遠くでメスが見守っています。
どうやら三角関係のようです。
写真は2羽ともオス
(撮影・岡井孝さん)


18Y4A9311.jpg

巣の近くの親鳥
(撮影・岡井孝さん)






今日確認された鳥:アオサギ、カイツブリ、エナガ等12種(つちや)
このページのトップへ

さわやかな6月

2017年6月3日(土)晴れ
とてもよく晴れた今日の光が丘公園バードサンクチュアリ。日差しは強いものの、日陰に入れば爽やかな風が吹き抜け、気持ちのよい一日でした。
もう6月ですね。もう少しで梅雨入り。たくさん雨が降って、サンクチュアリ池の水位が回復しますように。

4羽元気です♪
サンクチュアリ池生まれのカイツブリのヒナたちは、今日も4羽健在。
親鳥を追いかけてはエサをもらっていました。
カイツブリのヒナ、ザリガニを食べる
ザリガニ、いただきまーす
(撮影:齋藤豊広さん)

チヨチヨチヨ・・・と鳴きながら移動するので、どこにいるか見つけやすいです。
声が聞こえたら、しましまのかわいい顔を探して見てください。

待望の・・・!
サンクチュアリ池や観賞池でエサを捕っては、どこかへ運んでいったカワセミ。
とうとうヒナの巣立ちを迎えたようです。
クチバシが短く、色がくすんでいるヒナが1羽やってきました。
きっと兄弟もいるはず。今後何羽になるのか、楽しみです。
今日は他にも、いろんな幼鳥が現れました。みんな元気に大きくなってね!
シジュウカラの幼鳥
シジュウカラ幼鳥(撮影:岡井孝さん)


ステルス形
開園前、望遠鏡を設置していたら、迷彩深緑色のステルス機を発見!
個人的に蛾は少々苦手ですが、見るだけならなんとか・・・。この形のかっこよさ、模様には、ほれぼれします。
ステルス機みたいなウンモンスズメ
蛾の仲間 ウンモンスズメ

ヨツボシホソバ成虫
蛾の仲間 ヨツボシホソバ

踏み台にはこんなのもいました。オレンジ!
そして前回のブログでは幼虫でしたが、もう羽化したって訳ではない・・・か?
どちらも、観察の妨げにならないよう、観察舎のケヤキに止まってもらいました。
ウンモンスズメは閉園まで同じところにいて、ときどきお客様に見つかっていました。明日もいるでしょうか?

今日確認された鳥:アオサギ(2羽)、ノスリ、ツバメ(泥集め)など 15種(ますなが)


このページのトップへ

虫たちのにぎわい

2017年5月28日(日)晴れ
5月最後の開園日は初夏の爽やかな陽気のいい天気となりました。
「チガヤ」というススキによく似た植物の白い花穂がきれいに揺れています。

blogチガヤ170528
白いワタワタは全部チガヤ


進展は?
最近、開園日のたびにカルガモのつがいを見かけます。
時期的に繁殖していてもおかしくない頃ですが、見かける度に2羽でウロウロ。
仲むつまじい?のは良いことですが、繁殖はしていないのでしょうか。
ついヒナの誕生を期待してしまいますが、今後の展開やいかに。

blogカルガモ170528
今日も並んで食事タイム!

blogカルガモとアオサギ170528
夕方は1羽でした。


トンボの季節
水面がトンボでにぎわう季節になってきました。
今日は遠くのヒメガマの上でヨツボシトンボを初めて確認しました。
入口にあるすみか池にはオオシオカラトンボがよく止まっています。

blogオオシオカラトンボ170528
シオカラトンボと違って複眼はこげ茶色


人気物件
観察舎にあるケヤキの木は、虫たちの人気物件です。
幹の上に陣取っていたのはヨツボシホソバの幼虫。幼虫は毒があるので要注意です。

blogヨツボシホソバ幼虫170528
幹と同化して気づきにくいヨツボシホソバ幼虫

シロホシテントウの仲間は成虫と幼虫がセットで見られました。

blogシロホシテントウ170528
おそらくシロホシテントウの仲間の幼虫

blogシロホシテントウ成虫170528
近くには成虫も何匹かいました

コケの間にはおそらくガの幼虫の抜け殻があちこちに。
探してみると、いろいろな虫が見つかりそうです。

blogガ幼虫抜け殻170528
謎の抜け殻。たくさんありました。


今日確認された鳥:アオサギ(2羽)、メジロ(さえずり)、ハクセキレイ等 15種(いわもと)
このページのトップへ

子育て真っ盛り!

2017年5月27日(土)晴れ
今日の光が丘公園バードサンクチュアリはさわやかな風が吹きました。
ランニング中に立ち寄ったお客様が「なんでここはこんなに涼しいの?!」と驚いていたほどです。
だんだんと暑くなる季節、日差しの強さにぐったりしたら、サンクチュアリで涼んでいってくださいね。

注目のカイツブリは?
サンクチュアリ池で生まれたカイツブリたち。今日もヒナ4羽が親鳥について池を移動していました。
親からは何度もアメリカザリガニをもらい、ゴックン!と丸呑みしていました。
カイツブリのヒナがザリガニを食べる
今日は写真が撮れず、昨年のものを・・・
(撮影:斉藤豊広さん、2016年7月)

先週から始まった、サンクチュアリ池の外来種防除活動ですが、カイツブリたちも貢献してくれているようです。
ブルーギルやザリガニがいなくなれば、カイツブリが好きなモツゴやエビたちがもっと増えるはず・・・。それまで地道にがんばります。

そのほかの子どもたち
4月始めの巣穴掘りから見守ってきたコゲラの巣は、今日の出入りがなく、無事に巣立っていったようです。何羽のヒナがいたのかも分からないまま。
木の上からコゲラの「ギィー」という声がするたび、もしかしてあのコゲラ家族?と気になってしまいました。
シジュウカラやエナガたちも、ヒナを連れて餌探しに大忙しです。
幼い声が聞こえたらヒナたちかもしれません。
かわいすぎるエナガの幼鳥
かわいすぎるエナガの巣立ちビナ
(撮影:長田さん)

目の周りが赤く、親鳥よりも顔が黒い部分が大きいのがエナガ幼鳥の特徴です。

写真展、終了しました
3月中旬から大好評を博した「写真展 光が丘の野鳥たち」が終了いたしました。
たくさんのお客様に光が丘公園と周辺の自然の魅力を伝えられた写真展でした。
作品を提供していただいた皆さまに心より御礼申し上げます。
また、作品はチャリティー販売をさせていただきました。売上げはサンクチュアリの環境保全に使われます。ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。
なお、写真パネルは撤去しましたが、チャリティー販売は継続しておりますので、お気に入りの作品があった方はスタッフまでお問い合わせください。

今日確認された鳥:アオサギ(2羽)、カワセミ、ツバメなど 15種(ますなが)


このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード