光が丘公園バードサンクチュアリ

春を先取り

2018年2月4日(日)晴れ
階段のコンクリートの隙間から力強く咲いているコスミレ。まだまだ雪は残っていますが、一足先に春の訪れを感じさせてくれました。
コスミレ
コスミレ


春のお告げの一方で
まだまだサンクチュアリの中は雪がいっぱい。雪解け水で池に水たまりが広がってきています。
雪原には凛々しくツグミが。孤高の鳥という感じがしますね。雪の上にいる鳥は今しか見られないです。来週まで雪は残っているかな?

ツグミ
凜々しいツグミ(撮影:岡井孝さん)

ツグミ
危険を察知!(撮影:岡井孝さん)

何やら見上げています。何か察知しているのでしょうか。
閉園間際にはハイタカがそのうを膨らませてお腹いっぱいそうな顔。お昼頃オナガやカラスも騒いでいたので、もしかしたらこのハイタカのせい?

何食べているの?
どこかから引っ張り出して何やらつんつん。シジュウカラが大きい物を一生懸命つついていました。
お食事中のシジュウカラ
何を食べているのかな?(撮影:齋藤豊広さん)

カマキリの卵?

アップにすると、こんな感じ(撮影:岡井孝さん)

カマキリの卵かなと思っているのですが、皆さんどう思いますか?

あのサナギの今
スロープの手すりに何ヶ月前からいたナミアゲハのサナギ。無事孵るのを待ち望んでいたのですが、今日見てみると中が見えていて空っぽに…何があったのでしょうか…
ナミアゲハのサナギのその後
アゲハのサナギ


今日確認された鳥:ハイタカ、キジバト、メジロなど16種(おぬま)



このページのトップへ

節分と水分

2018年2月3日(土)曇り
今日は2月3日、節分です。
節分にはヒイラギの葉と焼いたイワシの頭を飾るという風習がある地域もありますが、池干し中のサンクチュアリの在来魚を保護しているいけすの近くではイワシではなくモツゴが飾られていました。
はやにえモツゴ
枝に刺さったモツゴ

犯人はモズ。獲物を枝などに刺す"はやにえ"と呼ばれる行動です。
このような行動をとる理由はエサの貯蔵や縄張りの主張など諸説ありますが、詳しくはわかっていません。
ヒイラギ
サンクチュアリにはヒイラギもありますよ!
節分の魔除けはこれでばっちり?


色鳥々(いろとりどり)
シジュウカラ・エナガ・メジロの混群がやって来ました。
観察窓近くの茂みが小鳥たちで賑やかです。
エナガ
エナガ
白黒ピンクの可愛らしい姿
(撮影:齋藤豊広さん)

シジュウカラ
シジュウカラは黒いネクタイにオリーブ色の背中
(撮影:斎藤豊広さん)

メジロ
メジロ
喉元の黄色が鮮やかな個体
(撮影:斎藤豊広さん)

地面に目を向けるとこんな彩りも。
まだまだ冷え込む日も多いですが、春の足音は確実に近づいているようです。
ホトケノザ
ホトケノザ
ちなみに、春の七草のホトケノザはこれとは別のコオニタビラコという植物です
(撮影:斎藤豊広さん)


水辺認定?
雨や溶けた雪で水たまりがかなり広がっています。
ウグイス
ウグイスはススキの根元から池の様子を偵察?
(撮影:岡井孝さん)

シメ
シメ「水浴び場所がまた増えた!」
ハクセキレイ「わたしはあっちに移動しようかしら」
(撮影:岡井孝さん)


そんな中、観察舎では「あの首の長い鳥はなんだ?」との声が上がります。
上空に現れたその鳥の正体はカワウでした。
隣の池(観賞池)に降りるのか?とソワソワしながら見ていると、急旋回してサンクチュアリ池の北東部へ。
広がった水たまりを水辺と認識したのか!と、久しぶりの水鳥の登場に観察舎もにぎわいます。
しかし泳ぐには水深が足りなかったようで、水中で立ち止まったと思ったら飛び立って行ってしまいました。
カワウ
「まだちょっと早かった!さよなら!」
(撮影:斎藤豊広さん)


池に水がない期間も残りわずか。今しか見られない景色をお楽しみください。
コガモ
お隣の観賞池にはコガモが2羽来ていた
(撮影:斎藤豊広さん)



今日確認された鳥:オナガ、ツグミ、アトリ(♀4♂1)など19種+外来種1(ごとう)
このページのトップへ

氷、溶けず

2018年1月28日(日)曇り
昨日一週間ぶりに人が入った観察舎は雪と氷まみれでした。
今日も夜間の冷え込みで池に張った氷は成長しています。
昨日5.9cmあったしょうぶ池の氷は、割らずに残していた場所を測ると厚いところで6.5cmほどありました。
しょうぶ池氷
層がわかる(写真は5.4cmを指しています)

昼の12時になっても観察舎内の気温は0度。
日差しのない時間が多く、寒さで思わず丸まってしまうスタッフでした。
ハクセキレイ
雪の上でハクセキレイもまん丸
(撮影:岡井孝さん)



よく見える
雪でヒメガマなどの背の高い水草が倒れ、池の奧まで凍っている様子がよく見えます。
北東部
普段は見えない池の北東部が見えている

池西部
西部では雨などにより再びたまった水が凍っている

ポンプ池
観察舎すぐ近くのポンプ池は雪と氷に埋もれて見えない


これは何?君はだれ?
木の上に何だか白いものが!
樹上の雪
鳥?それにしてはやけにまっしろ
(撮影:岡井孝さん)

不思議な形に溶け残った雪でした。
樹上の雪
自然の造形
(撮影:岡井孝さん)


池の奥のほうにシロハラを発見。
よく見かける顔の黒い個体かと思いきや…?
シロハラ
顔が黒いふり
(撮影:岡井孝さん)

木の陰に入ってうまい具合に黒っぽい頭部に見えていました。

食糧を探して
サンクチュアリ向かいの原っぱ付近ではムクドリたちがウロウロ。
ムクドリ
センダンの下で食べ物を探す
(撮影:岡井孝さん)


サンクチュアリでは木の上デじっとしていることが多く「置物ですか?」と聞かれることすらあるノスリも、
地面が見えている場所をキョロキョロと見ては食糧を探しているような様子でした。
ノスリ
食べ物を探してサンクチュアリ内を移動
(撮影:岡井孝さん)

寒さが厳しく食べるものが少ない中でも、
野生の動物たちは自分たちでエサを見つけて生き抜いています。

今日確認された鳥:キジバト、コゲラ、ジョウビタキなど16種(ごとう)
※更新が遅くなり申し訳ございません。
このページのトップへ

雪と氷だらけ

2018年1月27日(土)晴れ
氷点下続きでサンクチュアリが雪や氷の世界になっています。
どこまでが草地でどこからが池なのか境目が全然わかりません。
池側は冬の光景ですが、階段は暖かいのでコスミレが咲いていました。

1CIMG0936.jpg

階段にこっそりコスミレ


スノーサンクチュアリ
サンクチュアリの池底にはまだたくさんの雪と氷が残っています。
真っ黒い池底の泥風景が真っ白な雪景色にかわってとてもウキウキしますね。

1IMG_2210.jpg

雪景色
〜池底〜


1IMG_2208.jpg

雪景色
〜観察舎〜


1P1270444.jpg

雪景色
〜ハクセキレイ〜
(撮影・斉藤豊広さん)


1DSCN0730.jpg

雪景色
〜ツグミ〜
(撮影・高橋嘉明さん)


アイスサンクチュアリ
観察舎の小さい池では氷ががっちり凍っていました。開園前にこっそりスタッフが乗ってみたのですが、びくともしません。恐るべし寒波の力。「東京でこんな分厚い氷みたことない!」来園者も驚いていました。


1CIMG0905.jpg

観察舎の小さい池
大人が6人乗っても割れませんでした…


1CIMG0930.jpg

どんだけ厚いのか気になるから割ってみよう!
これが全然割れない!


1CIMG0933.jpg

分厚い場所で5.9㎝!!
(写真は5.5㎝を指しています)


バックヤードのはなし
かいぼりの間、池の生き物はバックヤードで保管していますが案の定、氷で大変なことになっていました!
もうすぐ池に水が入るので生き物たちよがんばれ!
1CIMG0958.jpg

ギンブナいけす
ここも人が乗ってもびくともしない
ひたすら氷を割って取り除きました


1IMG_2230.jpg

いけすの氷の厚さが6.5㎝!!
カメいけすやナマズいけすの氷も取って生存が確認できて一安心




今日確認された鳥:ハイタカ、ノスリ、シロハラ等17種(つちや)

このページのトップへ

雪予報に戦々恐々

2018年1月21日(日)晴れ
風もなく穏やかに晴れた日、光が丘公園バードサンクチュアリはたくさんのお客様でにぎわいました。
明日は雪が降るという予報ですが、池干し中の池はどうなる??

池底のお楽しみ
池干し中の池底には今日も、様々な鳥たちが降り立ちました。
アオジ
アオジ(撮影:岡井孝さん)

ツグミ
ツグミ(撮影:岡井孝さん)

そして、サンクチュアリには珍しく、ムクドリたちが大挙してやって来ました。その数20羽以上。
キュルキュルッと鳴きながら降りてきて、小さな水たまりで水を飲んでいきました。
ムクドリ
ムクドリ(撮影:岡井孝さん)

「池干し中だから鳥が少ないの?」とよく聞かれます。小さな鳥が多いのでなかなか見つけにくいのですが、水のある場所を探してみてくださいね。

モズモズ
この冬はオス成鳥の“モズオ”くんがよく見られていますが、今日はお腹がウロコ模様の若いオスもいました。
2羽のモズ。サンクチュアリくらいの広さだと縄張り争いが起こりそうなものですが、案外静かでした。
モズ成鳥オス
モズオ(撮影:岡井孝さん)

モズ若オス
若いオス(撮影:岡井孝さん)

若いオスの方は、気づいたら泥の上に転がっているアメリカザリガニをついばんでいました。
いったいどうやって見つけたのか、ザリガニも食べるのか、はやにえはしないのか・・・たくさん疑問がわき上がってきましたが、近づいてきたキジバトに驚いたのかザリガニをくわえて、モズは飛び去ってしまいました。

今日確認された鳥:ノスリ、ウグイス、エナガなど 22種(ますなが)


このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード