光が丘公園バードサンクチュアリ

鳥とカエルと虫!

2017年8月11日(金)曇り
今日は13時から夜開園。あいにくの曇り空でしたが、気温も低く涼しい。
昼間はセミの鳴き声で賑やかですが、日が落ち辺りが暗くなるとコオロギなど鳴きだし始めました。少しずつ夏が終わり始めています。

1キンミズヒキ_齋藤豊広さん170811

サンクチュアリの水辺ではキンミズヒキが開花
(撮影・齋藤豊広さん)


外来種
ノスリがウシガエルの子どもを捕まえて食べていました。サンクチュアリの池には外来生物のウシガエルがいて、困っています。ウシガエルがゼロになるまでノスリが捕って食べてくれたらいいのですが。

1CIMG0621.jpg


ワナを置いても全然捕れないウシガエル
水辺の小動物を食べてしまいます。


1ノスリ_岡井さん170811

ウシガエルを食べるノスリ
(撮影・岡井孝さん)



通過
オオヨシキリがいました。季節が変わり始めています。
昨年の今頃ツツドリがでました。そろそろ見られるでしょうか?

1オオヨシキリ_齋藤豊広さん17-811

(撮影・齋藤豊広さん)



木登り
コケが生えたケヤキを木登りしているカナヘビがいました。見つけた時には地上から2mくらいの場所でスルスルと登っていきました。

1カナヘビ_古屋さん170811

木登りカナヘビ
(撮影・古屋真さん)


夜開園
空に広がる雲はどんよりしていて今にも雨が降りそうでしたが、なんとか閉園まで持ちました。樹液に集まる虫や光に集まる虫、コウモリの観察ともりだくさんでした。

1CIMG0663.jpg

ライトトラップにきたチャタテムシの仲間。
非常にマニアックな虫



今日確認された鳥:カルガモ、カイツブリ、ツバメ等7種(つちや)

このページのトップへ

鳥はお休み、虫が熱い!

2017年8月6日(日)曇り時々晴れ
風がなく蒸し暑い。セミの鳴く声以外の音が何も聞こえません。
入口横の池ではひっそりとセリの花が開花。

1CIMG0605.jpg

葉月のサンクチュアリ


サイン
観察舎のいたるところに虫がたくさんいます。壁にはオオカマキリのこどもが獲物がくるのを待ち、ガはじっと動かず気配をけしています。地面に虫の糞が落ちていたら、それは生きものを見つけられるサイン。

1CIMG0568.jpg

クサギの木の下に虫の糞


1CIMG0561.jpg

見上げた枝にシモフリスズメの幼虫




大荷物
オオフタオビドロバチが、自分の体より大きなガの幼虫をつかんで飛んでいました。しかし獲物が大きすぎたようで途中で落っことしてしまいました。落とした幼虫を取りに来るかと思ってそのまま置いておきましたが、結局戻ってきませんでした。

2CIMG0550.jpg

運ぶ姿


1CIMG0609.jpg

落としていったメイガの幼虫



ヤブヤンマ
観察舎の小さな池に突然ヤブヤンマらしき大きなトンボがスーッと飛んできました。その場にいた来園者は「おぉ!!」「なんだ!このでかいトンボは!!」などとその様子に驚いていました。人の周りをスーッと飛び回る光景に感動。
おそらく卵を産みたかったのだと思いますが、産卵するのに少し適さなかったようです。次来たときは産卵できるように、観察舎の屋根のコケを少し取って、池にコケ山を作ってみました。

1CIMG0613.jpg

作成直後はコケがなじんでおらず違和感がありますね…
ヤブヤンマの産卵にはコケが肝。








今日確認された鳥:アオサギ、カルガモ、ノスリ等8種(つちや)

このページのトップへ

8月初日もジメジメ

2017年8月5日(土)曇り
先週は涼しい日もありましたが、今日は朝からじめじめと蒸し暑い1日でした。
セミ時雨もいっそう強まり真夏の到来を告げています。

小ミンミンゼミ
ミンミンゼミの声が頭上から降ってきます


ヨシ原の忍者
生い茂るヒメガマ群落の中で、風も吹いていないのに不自然に揺れている場所がありました。
注意深く見ていると、茶色い影が横切るのが見えます。
草陰の前に出てくるのを待っていると・・・

小オオヨシキリ170805_岡井孝さん8Y4A9596
草葉の陰からチラッ
(撮影:岡井孝さん)


小オオヨシキリ170805_岡井孝さん8Y4A9591
オオヨシキリの幼鳥でした!
(撮影:岡井孝さん)

「ギョギョシー」と鳴かないと、居場所も分からずまるで忍者のようです。
この時期は短い間しか滞在しないことが多いですが、いつまで見られるでしょうか。

久々の白いヤツ
3ヶ月ぶりにダイサギが飛来しました。
どうやら食事場所を探していたようで、いろんなものをペロリとたいらげていました。

小ダイサギ170805ザリガニ捕食_岡井孝さん8Y4A9576
アメリカザリガニをパクリ
(撮影:岡井孝さん)


小ダイサギ_ウシガエル捕食_齋藤豊広さん170805P8051640
逃げ足の速いウシガエルもこの通り
(撮影:齋藤豊広さん)


小ダイサギ_ニホントカゲ捕食_齋藤豊広さん170805P8051645
今度はニホントカゲ。なかなかのバリエーションです。
(撮影:齋藤豊広さん)

木陰にはゴイサギも止まっていました。
繁殖が終わって、羽を伸ばしにやってきたのかもしれませんね。

小ゴイサギ_齋藤豊広さん170805P8051655
ほっと一息?なゴイサギ
(撮影:齋藤豊広さん)


アリの役割
たくさんいるセミたちも少しずつ一生を終える個体が出てきました。
ひっくり返っているセミは、いろんな種類のアリが取り囲んでいます。
セミの羽だけが動いてる?!と思ったら、アリが運んでいたり、クワガタなどほかの虫たちも運ばれていました。
地面が虫たちの死骸だらけにならないのも、こうした掃除屋さんたちのおかげですね。

小アリ
階段にいたクロヤマアリ(おそらく)。
何かの死骸の一部を運び入れようとしていましたが・・・・
その隙間には入らないんじゃないかな。


今日確認された鳥:カイツブリ(成鳥2羽、幼鳥2羽)、ツバメ、ヒヨドリ等 10種
樹液に集まる虫:カブトムシ、コクワガタ、カナブンなど
(いわもと)
このページのトップへ

7月も明日まで

2017年7月30日(日)雨のち曇り
昨夜からの雨で涼しい朝を迎えた、光が丘公園バードサンクチュアリです。
セミが静かだ・・・と思ったのもつかの間、雨が止んだらセミの声が響くいつものサンクチュアリになりました。
明日で7月も終わり。子どもたちは夏休みを満喫してますか−?

雨だから
雨が降ったからか、サンクチュアリ入口の生きもののすみか池にのそっと現れたこの方。
のっそりヒキガエル
湿度の高い日はゴキゲン
(撮影:齋藤豊広さん)

水には入らず、木道でじっとしていました。
普段は森や庭先に棲んでいるヒキガエル。ゴキブリなども食べてくれるので、見つけても追い払わずに温かく見守ってくださいね。

自慢の足が・・・
ふとしたところに大きな昆虫がいると、少し驚きます。
ナナフシ
“アイカゴ”のサインの上に・・・
(撮影:齋藤豊広さん)

ご自慢の足が2本足りませんが、ナナフシモドキ(ナナフシ)です。
ゆらゆらとケヤキの上の方へ歩いて行きました。

杭の上で休憩!
朝、池の奧でバシャバシャと水浴びをしていたカモ。
その後、杭の上で休憩を決め込みました。
バランスのよいカルガモ
カルガモ

水面に浮いていないと、ちょっとヘンな感じがしちゃうのは、私だけ?
翼鏡の濃い青色がよく見えます。
そういえば、池の色は夕べの雨のせいか、今日は朝からアオコ少なめ緑色でした。
茶色から緑にどう変わっていくのか見たかったのですが、また次の機会に観察してみます。

今日確認された鳥:カイツブリ(幼鳥がザリガニを食べていました)、カワセミ、キジバトなど 11種(ますなが)


このページのトップへ

池の七変化

2017年7月29日(土)曇りのち雨
今日の光が丘公園バードサンクチュアリは、セミがうるさいせいか鳥の姿があまり見えず、望遠鏡で樹液レストランばかり眺めていました。
夕方にはザーッと雨が降り始めましたが、カブトムシたちは雨にも負けずに群がっていました。

なんだ?この色は・・・
午前中は茶色、午後は緑色。なーんだ?
アオコ発生中
午後

これは、サンクチュアリの池の色です。毎日暑いせいか、アオコ発生中です。
アオコは植物プランクトンなので、光合成して色が変わるということなのでしょう。
明日は、変化中の池を見てみようと思います。

ずっといるつもりなのか?
6月から居座っているノスリの若モノ。今日もいます。
若いノスリ
ここは暑ーい(撮影:古屋真さん)

日が差している時間帯は、羽をだらりと広げてとまっていました。
夏は、こんな感じにダラダラしているのをよく見かけます。・・・人間と一緒?!
今日は、カブトムシ?を食べたようでした。
エサに困らないから長居しているのかもしれません。

いつまでいてくれるのか?
サンクチュアリ池生まれのカイツブリのヒナたち、今日は2羽いました。
カイツブリの幼鳥
すっかり大きくなって・・・(撮影:古屋真さん)

自力でエサを捕った!と思って望遠鏡で見てみると、トンボやセミでした。
ザリガニや魚を捕れると一人前(一鳥前?)。
間もなく独り立ちの時を迎えます。それまでたくさん食べるんだよ。


今日確認された鳥:ゴイサギ、カワセミ、ツバメなど 11種(ますなが)


このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード