光が丘公園バードサンクチュアリ

いよいよ10月

2017年10月1日(日)晴れのち曇り
今日から10月。朝晩はずいぶん秋らしくなりましたが、昼間は少し汗ばむくらい。
最後の力を振り絞ってアブラゼミの合唱が聞こえてきます。
昨日見られた渡りの鳥たちはいい天気に誘われて飛んでいってしまったようです。

みにくいカルガモ・・・?
池の奧の方から1羽、2羽・・・・と続々とカルガモが泳いできました。
全部合わせてなんと13羽!すーっと木陰に隠れて休憩していました。
よーく見ると、カルガモとは模様が違う個体が何羽かいるようです。

blogマルガモとカルガモ_斎藤豊広さん171001
わたしはカルガモ(のつもり)。右はカルガモ。
(撮影:齋藤豊広さん)


blogマルガモ2_岡井孝さん171001
わたしは誰でしょう
(撮影:岡井孝さん)


顔はカルガモみたいだけど、胸が赤くてお尻の色も違う、くちばしもなんかおかしい・・・どうやらマガモ(アイガモ)とカルガモの雑種のようです。
2枚目の写真は模様は違えど全員雑種です。
カモは雑種を作りやすい仲間なので、識別には注意が必要です。

秋だよ〜、全員集合!
冬に向けて、少しずつアオサギの数が増えてきました。
今日は5羽。昨年はノスリに止まり場所を奪われて、他の場所へ散ってしまいましたが、今年はどうなるでしょうか。

blogアオサギ砂漠の中_齋藤豊広さん171001
まるで砂漠の中にたたずむアオサギ(赤いのはアオコ)
(撮影:斎藤豊広さん)


blogノスリ_岡井孝さん171001
ノスリは健在
(撮影:岡井孝さん)


数が増えてくると争いがつきもの。
止まり場所をめぐって幼鳥が成鳥にアタック!
しかし、あえなく追い返されていました。

blogアオサギバトル_川崎さん171001
「そこに止まりたい!」
「ここはわたしの場所なの!」
(撮影:川崎さん)


アゲハ住宅
入口スロープ横のスダチの木はアゲハ類に大人気。
アゲハ2匹とクロアゲハ2匹の幼虫が見つかりました。

blogスダチ171001
終齢幼虫は葉っぱと同じ色なので見つけにくい!


blogクロアゲハ171001
クロアゲハ幼虫


そこで育ったであろう1匹のアゲハが、スロープの手すりでサナギになろうとしていました。
無事サナギになれているか、来週が楽しみです。

blogアゲハ前蛹171001
ここでサナギになるぞー!


今日確認された鳥:カイツブリ、コゲラ、ヒヨドリ等 13種+マルガモ(雑種) (いわもと)
※更新が遅くなり、申し訳ございません。
このページのトップへ

やっときましたツツドリ!!

2017年9月30日(土)曇り時々晴
一日を通じて温度差がなく涼しい一日でした。この間まで黄色い花を咲かせていたキンミズヒキは緑色の電球のような種をつけています。
観察舎の木々の間に一瞬ですがサンコウチョウを確認しました。参考までに!

待ってました~!
今年初めてツツドリがきました!昨年より1ヶ月以上遅いです。このあとも続々とくるのでしょうか?光が丘公園の近くで草木に農薬を撒いていたところがあり、農薬で弱ったケムシをツツドリが食べてしまわないか少し不安です。

1ツツドリ_伊勢原さん0930

ヤナギにツツドリ
(撮影・伊勢原さん)


1ツツドリ5_岡井孝さん0930

飛ぶツツドリ
(撮影・岡井孝さん)


小さな大将!
サンクチュアリの周りで捕獲されたアオダイショウの子ども。「小さくてかわいい」とみんな興味津々で見ていました。サンクチュアリにはほかにもヒバカリというヘビがいます。

CIMG0774.jpg

人間の子どもに捕まったヘビの子ども


どうして…
オオタカがまさかカラストラップの中に入っていました。朝一のできごとにスタッフ大パニック!その後なんとか、無事オオタカは救出することができましたが、一日中気が気でない。明日は大丈夫だろうか…

1オオタカ1_伊勢原さん0930

オオタカよ、そこにおっタカ…
(撮影・伊勢原さん)


モグモグ
今年来たモズがセミを食べていました。昨年何者かにモズのオスが食べられたためサンクチュアリの縄張りが空き家状態に。今いるモズがサンクチュアリを独占するのか、ほかのモズに縄張りを取られてしまうのか気になるところです。

1モズ1_岡井孝さん170930

モズ、セミをモグモグ
(撮影:岡井孝さん)



今日確認された鳥:カイツブリ、アオサギ、ノスリ等17種(つちや)

このページのトップへ

秋晴れ

2017年9月24日(日)晴れ
今日の光が丘公園バードサンクチュアリは、からっとした秋晴れ。
体験工房「ススキでトトロをつくろう」を無事開催することができ、お天気に感謝です。

カメ日和
サンクチュアリ池に設置している、生きもの捕獲用のアイカゴ(黒いドーム型のカゴワナ)には、いろいろな生きものが乗っかりに来ます。
今日は、カメ!
アイカゴにニホンイシガメ
ニホンイシガメ(撮影:齋藤豊広さん)

日本固有種のニホンイシガメが、のんびりと日光浴をしていました。
サンクチュアリでは一番大きなメスのカメのようです。
秋は日光浴するカメたちを観察するのに、絶好の季節。探してみてくださいね。

サンクチュアリを管理運営している認定NPO法人生態工房では、東京都の稀少種(絶滅危惧1A類)に指定されているこのカメを保全する取り組みを行っています。ぜひサポートをお願いします!
保全プロジェクト「ニホンイシガメ応援団」について→☆詳しくはコチラをクリック☆


さかさまさかさ
観察窓に、忍者を発見!
コカマキリ
こんにちは〜(撮影:古屋真さん)

コカマキリがさかさまにくっついていました。
頭に血が上らないのか、見えている世界はさかさまなのか、聞いてみたいですね。

食欲の秋
今日もノスリが登場。
高空をカラスと飛び回った後、サンクチュアリに下りてきました。
水浴び後に羽を乾かしていると、オナガたちがやってきて「あっち行けー」と大騒ぎ。
ノスリとオナガ
ちょっと迷惑そうな顔?(撮影:齋藤豊広さん)

その後、カマキリを2匹、ヒキガエルを3匹食べました。
食欲の秋ですね。たくさん食べて体力つけて、冬越しに備えましょう。


今日確認された鳥:カイツブリ、カワセミ、ヒヨドリなど 12種(ますなが)


このページのトップへ

涼しい秋分の日

2017年9月23日(土)曇り時々晴れ
朝からひんやりとした気温のサンクチュアリ。
時折日差しが降り注ぐ時間もありましたが、涼しく比較的過ごしやすい一日となりました。

カワセミ弾発射!
今日もサンクチュアリの池に姿を見せたカワセミ。
突然くちばしを大きく開いたかと思うと……

カワセミ2
カワセミ「準備よ〜し!」
(撮影:古屋真さん )

カワセミ
「発射!!」(カワセミの右側に注目です!)
(撮影:古屋真さん )

勢いよくペリットを吐き出しました。
ペリットとは、食べた餌の中で消化できない部分(骨や殻、毛など)をまとめて吐き出したものです。
このカワセミは何を食べていたのでしょうか?

今日は来てる?
チラホラと渡り途中の冬鳥が見られるようになってきました。
来園者の方からも「今日は何か来てる?」と言う声がよく聞こえます。
池のアオサギも、そんな台詞が似合う仕草を見せました。

アオサギ
まるで暖簾をくぐっているような仕草
(撮影:古屋真さん )

そんな中、今日見られたのはコガモ。
一週間前にも姿を見せていました。

コガモ
コガモ「今日も私がいるよー!」
(撮影:伊勢原さん )


美しき捕食者
入口の階段を上ったところで、ジョロウグモがオオセンチコガネを捕食していました。

オオセンチコガネ
美しい金属光沢のオオセンチコガネ
その背後には……
(撮影:柴田絵里さん)

ジョロウグモ
巣にかかった獲物に歩み寄るジョロウグモ
美しい姿の捕食者です
(撮影:柴田絵里さん)



今日確認された鳥:コガモ、アオサギ、シジュウカラ等9種(ごとう)
このページのトップへ

赤色と蒼色

2017年9月18日(月)晴れ
台風一過の暑い一日。強い風に飛ばされて普段見ない鳥が来ないかと、鳥好きな方は朝からワクワク。夕焼けの空にはたくさんのアキアカネが舞い、美しい秋の景色。

1P9180329.jpg

アキアカネ
(撮影・斉藤豊広さん)


身近なハト
入口横の池にキジバトが水を飲みにやってきました。上から人が覗いてもあまり気にしない。警戒心がないとタカに食べられちゃうぞ!

1CIMG0730.jpg

水を飲んで


1CIMG0759.jpg

フェンスがあって森にいけなくて困っているキジバト
「あれれ…」



蒼い一日
昨日の強い雨風の中どこにいたのかわかりませんが、最近サンクチュアリの池にいる若いアオサギの行動が面白い。突然陸から高くジャンプするように飛んで、水切りのようにちょんちょんと足で水面を蹴ってザブンっと着水。そして水浴び。とてもやんちゃ。

1P9180334.jpg

のびのび。
(撮影・齋藤豊広さん)


1P9180336.jpg

じゃぶじゃぶ。
(撮影・齋藤豊広さん)



今日確認された鳥:カルガモ、カイツブリ、オナガ等17種(つちや)

このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード