FC2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

サンクチュアリの黒いシリーズ

2019年4月7日(日)晴れ
昨日に続き暑いほどの陽気に包まれたバードサンクチュアリ。春休み最後の日曜日という学生さんも多かったのでしょうか。たくさんのお客様で賑わう一日となりました。
コゲラ
コゲラ「すっかり春ですねえ……」
(撮影:古屋真さん)


黒い影
観察窓からサンクチュアリの池を望むと、モヤモヤとした黒い線が見えます。
オタマジャクシ
池の中に黒い川?
(撮影:岡井孝さん)

よーく見ていると少しずつ動いている…。
オタマジャクシ
さらによーく見ると、黒いつぶつぶ…?
(撮影:岡井孝さん)

正体は、カエルの幼生、オタマジャクシ!
観察舎入口の池ではうじゃうじゃと蠢くオタマジャクシがよく見られますが、サンクチュアリの池ではこんな群れをなしています。望遠鏡を通して見ると、オタマジャクシ1匹1匹もよく見えました。

ポンプ池の”クロ”たち
今日のポンプ池には、ちょっと珍しいお客さまもやって来ました。
クロジ
クロジ
(撮影:岡井孝さん)

暗い林などに生息し、観察舎から見られるところに出てくるのは珍しく、今日の確認も数年ぶりとなりました。

黒い頭のアトリ(オス)もやってきました。
アトリ
「もっときれいな黒になるよ」
(撮影:岡井孝さん)

アトリ
こちらはメス
(撮影:岡井孝さん)


水際もにぎやか
オタマジャクシ蠢く池で、鳥たちも様々な姿を見せます。
クサシギ採餌
エサを捕えたクサシギ
(撮影:岡井孝さん)

アオサギダイサギ喧嘩
アオサギとダイサギは突然の結果!
ものすごい形相のアオサギです……
(撮影岡井孝さん)

コガモ
仲良く寄り添うコガモ
(撮影:斎藤豊広さん)


今日確認された鳥:カイツブリ、ウグイス、カワラヒワなど20種(ごとう)
このページのトップへ

はるらんまん

2019年4月6日(土)晴れ
風もなくジリジリと暑い日差しが夏のような一日。
アケビの花が少しずつ咲き始めています。来週には甘い香りがしそうです。

そろそろ見納め
今年はシメやアトリが多かったなぁという印象がありますが、カモ類は少ないように思いました。オカヨシガモが来なかったのはとてもショック。来年はどうなることやら。冬鳥は繁殖地へ向かい、夏鳥がやってきます。ツバメはもう来ています。

1シロハラ_190406岡井さん

シロハラ今日はいました
(撮影・岡井孝さん)


はるらんまん
日に日に緑が増えすっかり季節は冬から春へ。
ツバメがくると、次はトンボが羽化し始めます。この陽気なら再来週あたりには出現するでしょうか。

1ムラサキシジミ齋藤豊広さん190406

冬越ししたムラサキシジミ
(撮影・斉藤豊広さん)


1アオサギ齋藤豊広さん190406

サクラとアオサギ
(撮影・斉藤豊広さん)


再クサシギ
ガツガツ水の中の何かを食べていました。
シギの仲間はサンクチュアリではなかなかみれないので長くいてくれると、よーく観察できていいのですが。今の時期は渡りの途中だったりしてすぐ移動してしまいそうですね。

1クサシギ2岡井孝さん190406

またきてクサシギ
(撮影・岡井孝さん)




今日確認された鳥:カルガモ、コガモ、アオサギ、カワラヒワ等など16種(つちや)

このページのトップへ

2019年度の平日開園

バードサンクチュアリをもっと利用したい来園者や学校などの団体のために、2014年度から平日開園を実施しています。
おかげさまでご好評をいただき、2019年度は昨年度同様、一般向け、団体向け合わせて年12回実施する予定です。

行楽シーズンやバードウオッチングに適した時期を中心に、不定期に月1〜2回実施します。
普段の開園日と同じように、どなたでもご利用いただけます。
土日よりも少しだけ静かなバードサンクチュアリに足を運んでみませんか?

2019年度 平日開園日程
◆5月23日(木)※団体対応
◆6月
(以降、未定)

※日付空欄の月は、日程が決まったら改めてお知らせします。
※団体対応のときは、一般の方の入場はできません。

このページのトップへ

お花見のにぎわい

2019年3月31日(日)曇り
午前中は、夜中に降った雨でしっとりしていた光が丘公園バードサンクチュアリ。この寒さでサクラは満開まで少し足踏み?と思っていたら、午後は日差しでぽかぽかに。
この日差しを有効利用すべく、日光浴に励む看板ガメスタッフのジャンボちゃんでした。
アカミミガメスタッフ、ジャンボちゃん眠い
午前中は冬眠モードでした
水中で目をつぶり、眠そう・・・

アカミミガメスタッフ、ジャンボちゃん日光浴
午後はうきうき日光浴中♪

冬眠から覚めるのを心待ちにしていた来園者から大人気で、常に人だかりだったジャンボ。
お花見ついでに観察舎に立ち寄ってくださった方も多く、午後は大賑わいのサンクチュアリでした。

足環、再来
3月2日(土)に確認された、ダイサギの足環つき個体が再来しました。
足環つきのアオサギ
「04G」の印(撮影:古屋真さん)

約1ヶ月ぶり。今までどこで何をしていたのでしょうね。
今日は、別の亜種ダイサギも来て、亜種チュウダイサギの足環個体とツーショット。大きさの違いまでは分かりませんでした(チュウダイサギの方が小さい)。
ダイサギの2ショット
奥が足環個体(撮影:齋藤豊広さん)


食欲
足環がない方のダイサギは、モリモリご飯中。

ダイサギ、ギンブナを捕らえる
魚ゲット!(撮影:齋藤豊広さん)

平たい魚を捕らえました。ギンブナでしょうか。
池の中の生きものも目覚めて活発に動き回っているはずです。
オタマジャクシの黒い群れが池の中を移動していく様も、春の景色です。

なんか違う
サンクチュアリ池には、カルガモ2つがい。よく見るとそのうちの1羽がちょっと違うような・・・。
カルガモ雑種
胸が赤いあなたは・・・
マガモとカルガモの雑種!※上の個体
(撮影:岡井孝さん)

ダウト!と叫びたい衝動に駆られましたが、静かに噛みしめました。

春の使者―昆虫編―
昨日は可憐な春の使者、スミレたちをご紹介しました。今日は、こちら!
ビロウドツリアブ
ビロウドツリアブ(撮影:柴田絵里さん)

ふわふわの体に長い口が特徴的な、小さくてカワイイこの方。長い口で花の蜜を吸います。昆虫界のハチドリのようです。


今日確認された鳥:ツバメ、イワツバメ、ヒメアマツバメ(高空) など  26種(ますなが)


このページのトップへ

小さな春と凸凹コンビ

2019年3月30日(土)曇り
どんよりと曇り空が広がった今日のバードサンクチュアリ。午後には少し空が明るくなったものの、寒さが身に凍みる一日となりました。
ジャンボ
先週冬眠から目覚めた看板娘のジャンボ
「今日はまだ寒いわね……」


足下の春
急な冷え込みの中でも、春に移ろう景色は健在です。
ツクシ
ツクシ
(撮影:齋藤豊広さん)

小さく可憐な花を咲かせているのはスミレたち。
一言に"スミレ"といっても、色々な種類があり、色や形は様々です。
コスミレ
淡い紫色のコスミレ
観察窓からすぐの草地にたくさん咲いていました
(撮影:齋藤豊広さん)

ヒメスミレ
ヒメスミレ
こちらは濃い紫色
(撮影:齋藤豊広さん)

タチツボスミレ
空色がかったタチツボスミレ
(撮影:齋藤豊広さん)

マルバスミレ
丸みを帯びた葉が特徴のマルバスミレ
(撮影:齋藤豊広さん)

観察舎のケヤキの根元では、ケヤキの実生がたくさん芽生えていました。
ケヤキ
まだ種がついてる!
(撮影:齋藤豊広さん)


ポンプ池大盛況
今日もポンプ池にはたくさんの鳥たちがやってきます。
ムクドリ
ムクドリたちは揃って水浴び!
(撮影:齋藤豊広さん)

アオジ水浴び
アオジもやって来ました
(撮影:岡井孝さん)

頭上のケヤキにも飛来し観察舎を賑わせたのはアトリたち。そろそろ見納めでしょうか?
アトリ
キブシの上から様子をうかがって…
(撮影:岡井孝さん)

アトリ水浴び
ダイブだ−!
(撮影:岡井孝さん)


でこぼこコンビ
午後、サンクチュアリの池にクサシギが降り立ちました。
クサシギ
旅の途中の腹ごしらえ?魚をパクリ!
(撮影:齋藤豊広さん)

本日最大22羽確認されたアオサギとも堂々と並びます!
アオサギ&クサシギ
アオサギとクサシギのデコボココンビ
(撮影:長田さん)


今日確認された鳥:カワウ、コゲラ、ツバメなど26種(ごとう)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード