光が丘公園バードサンクチュアリ

【特別開園】5月の平日開園日の予定

2014年度から、バードサンクチュアリをもっと利用したい来園者や学校団体のために、平日開園を実施しています。
2017年度は年12回実施予定です。

昨年度よりも回数が減少したため、行楽シーズンを中心に月2回程度実施する予定です。
日時はできるだけ1ヶ月前にはご案内できるようにしたいと思います。
どうぞお楽しみに!

5月は1回の一般向け平日開園を開催する予定です。
いつもの開園日同様、どなたでもご利用いただけます。
初夏を満喫しに、土日よりも少しだけ静かなバードサンクチュアリに足を運んでみませんか?

【5月の特別開園日】
2017年5月12日(金)
通常通り、9:00-17:00まで開園しています。

18Y4A8610.jpg
コゲラの子育ては順調かな?
このページのトップへ

【予告】光が丘1日水族館

のぞいてみよう、池の中
光が丘1日水族館

161016光が丘1日水族館_解説聞く人1小


バードサンクチュアリ池で捕れた生きものの展示を行います。
池の中にはどんな生きものが棲んでいるの?どんな問題があるの?
鳥たちはいつも何を食べているの?などスタッフが解説します。
身近な池の生きものを観察しにぜひお越し下さい。

【日時】6月3日(土) 11:00〜15:00(雨天中止、無料)
     時間内にご自由にご覧ください。
【場所】光が丘公園内観賞池付近

161016光が丘1日水族館_モツゴ
待ってるよ!
このページのトップへ

穏やかな連休最終日

2017年5月7日(日)曇りときどき晴れ
ここ数日の夏を思わせる暑さは若干和らぎ、今日は穏やかな過ごしやすい1日でした。
ゴールデンウィークの連続開園日も今日で最終日です。

アオサギ集結
例年ならアオサギが少なくなり始める頃ですが、今日は朝から数が多め。
数えてみると、20羽が集まっていました。

アオサギ_古屋さん170507
大集結(写真中には10羽)
(撮影:古屋真さん)

もっぱら日中は休んでいることが多いですが、数集まると思い思いの行動を始めてさまざまな表情が観察できます。

アオサギトウヨシ捕食_岡井孝さん170507
「トウヨシノボリ、捕まえました!」
(撮影:岡井孝さん)


アオサギ枝くわえる_岡井孝さん170507
「枝、捕まえました!」
(撮影:岡井孝さん)


アオサギケンカ_岡井孝さん170507
争う2羽と見守る2羽
(撮影:岡井孝さん)


アオサギ水浴び2_170507
お風呂に入っているかのように水浴び


アオサギ水浴び170507
ときどきバシャバシャ


アオサギあくび170507
そして大あくび


虫を求めて
コゲラの営巣は順調なようです。親鳥がヒナに与える虫を探して飛び回っています。
観察舎のケヤキの木は良い餌場のようで、頻繁に飛んできます。
剥がれかかった樹皮の裏側を丹念に探して、ときどきめくった樹皮が上から降ってくるようです。
木の周囲にはコゲラが落としたのか、樹皮のかけらがたくさん落ちていました。
樹上から「ギィーッ」という声が聞こえたら、落とし物にくれぐれもご注意ください。

コゲラ170507
「早くご飯持っていかなきゃ!」


落ちていた樹皮170507
落ちていた樹皮の破片


名ハンター現る
階段の手すりの拭き掃除をしていると、ハエやアリ、テントウムシなど意外と生き物がたくさんいることに気づきます。
掃除中、近づいてもまったく逃げない様子のおかしなハエがあちこちに見つかりました。
よくよく見てみると・・・

ハエトリグモ170507
つかまえた!


ハエトリグモ2_170507
こっちでも!

ハエトリグモ(シラヒゲハエトリ?)が自分の体より一回り大きいハエ(ニクバエの仲間?)を捕らえていました。
ハエトリグモが本当にハエを捕まえている姿は個人的に初めて見たかもしれません。
このあとどうやって料理するのか見ていたかったですが、時間がかかりそうだったので断念。
今度、どなたか観察したらこっそり教えてください。

今日確認された鳥:カルガモ、ヒヨドリ、カワラヒワ(声)等 14種(いわもと)
このページのトップへ

春から初夏へバトンタッチ!

2017年5月6日(土)晴れ
じりじりとした日差しがまるで夏のよう。午前中涼しかった観察舎も午後には無風で蒸し暑く、半袖でも過ごしにくい。サンクチュアリに夏が少しずつ近づいているようです。

1CIMG0193.jpg

暑くなると危険な生物も見かけるようになります。
モンシロドクガの幼虫
※触れると湿疹ができます。


暑くない?
気温の低い午前中、石の隙間に小さなトカゲがひなたぼっこしていました。
体温を上げて消化を助けたり、カルシウムのためだったり日光浴は生きるのにとても大事な行動。でも時々、鳥などに見つかって食べられてしまうことも…

1CIMG0189.jpg

「じりじりするぜ…」



変化
久しぶりにダイサギがきました!嘴が黒くなりすっかり夏モード。でもよくみると嘴の先端はまだ黄色い。冬は黄色い嘴が夏には黒く変化します。不思議ですね!

28Y4A8962.jpg

もう少ししたら黒くなる?
(撮影・岡井孝さん)


18Y4A8962.jpg

時々カルガモの後ろをつけ回します。
(撮影・岡井孝さん)


かくれんぼ
木々の葉が鳥を隠す季節になりました。声はすれど姿は見れず…。じれったい季節になりました。それでも我慢強く探すのが真のバーダーでしょうか?

18Y4A8963.jpg

オナガみっけ!
(撮影・岡井孝さん)


18Y4A8966.jpg

シジュウカラみっけ!
(撮影・岡井孝さん)


18Y4A8965.jpg

ムクドリみっけ!
(撮影・岡井孝さん)


18Y4A8970.jpg

ん!?オオタカもみっけ!
(撮影・岡井孝さん)


今日もキジバト
「ポーポーポポー」朝のサンクチュアリに響くキジバトの鳴き声。メスへのアピールだったり、縄張り宣言だったりいろんな理由があります。他の種類の鳥に比べると落ち着いた低い音で、思わず口ずさみたくなるリズムです。

18Y4A8956.jpg

ヤナギで何かを待ってる?
(撮影・岡井孝さん)


18Y4A8959.jpg

待ち合わせですか!?お邪魔しました!
(撮影・岡井孝さん)




今日確認された鳥:カイツブリ、アオサギ、コゲラ、メジロ等16種(つちや)

このページのトップへ

ぽかぽか陽気のこどもの日

2017年5月5日(金・こどもの日)晴れ
ゴールデンウイークも後半に差し掛かった5月5日こどもの日。
よく晴れた初夏の陽気のバードサンクチュアリはとても穏やかな1日でした。

期待のビッグベビー誕生!?
開園中、光が丘公園サービスセンターのスタッフさんが何かを持ってサンクチュアリにいらっしゃいました。
何だろう?と思って見ると……。

20170505ニホンイシガメ
こんにちは!ニホンイシガメです!

なんとニホンイシガメの子どもでした!まだまだとても小さい、今年生まれの個体です。
サンクチュアリのお隣の観賞池で見つかったそうです。
ニホンイシガメは日本で昔はよく見られたカメですが、近年では乱獲などにより数が激減しています。
この子ガメは来園された皆さまに見ていただいたあと、サンクチュアリの池に放します。
大きく成長してくれることを祈ります。

黒きハンター現る!
午前中、お客様も少なくとても長閑な時間が流れていた観察舎内に、突然黒い影が飛び込んできました!
黒い影は展示されていたカルガモの剥製を一突きし、木の上へ。
ハンターの正体はハシブトガラスでした。

20170505カラス
狩りに失敗しちまったぜ

皆さまも、荷物など狙われてしまわないようにお気をつけください。

池の中では白いハンターも見られますよ♪

8Y4A8920 加工済み
アオサギ:今日も絶好調!(撮影:岡井孝さん)



季節に合わせて
バードサンクチュアリでは、季節によって見られる生きものが変わっていきます。
冬鳥、夏鳥の違いの他、これからの季節はたくさんの虫を見ることができます。
観察舎内の展示物も、季節に合わせて変えていっています。本日はコチラのアルバムを新しく出しました。

20170505アルバム
トンボのアルバムです!

どちらもお客様からいただいたものです。来園された際はぜひ大切に見てみてくださいね♪

今日確認された鳥:カルガモ、アオサギ、ツバメなど14種(ごとう)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード