光が丘公園バードサンクチュアリ

静かに賑やか

2017年3月4日(土)晴れ
ポカポカ陽気でとても暖かい1日。
日当たりのよい草地ではカラスノエンドウが鮮やかなピンク色の花を咲かせました。

1P3040010.jpg

カラスノエンドウ
(撮影・斉藤豊広さん)


いろどりいろいろ
久しぶりにカモやサギがいて水辺が賑やかです。もう少し暖かかくなると冬鳥のカモたちは繁殖地の北に帰ってしまいます。

11P3040011

今日は珍しくオカヨシガモも!
左オカヨシガモ、右コガモ
(撮影・斉藤豊広さん)



静まり返った
今日のサンクチュアリは朝からとても静か。シロハラもジョウビタキもツグミの声も姿も見ません。冬鳥が帰るにはまだ少し早すぎる。そういえばノスリの姿もなかった…。かわりにアオサギが3羽もいた。

1P3040033.jpg

いつも通りなのはカワセミだけか…
(撮影・斉藤豊広さん)



こそこそ…
サンクチュアリの入口付近でモズがこそこそしていました。「また、はやにえするんじゃない?」と来園者の声。地面に降りてしばらくして森に消えていきました。一体何をしていたのでしょう。

1P3040048.jpg


「ひ・み・つ!」
(撮影・斉藤豊広さん)





今日確認された鳥:カイツブリ、ダイサギ、アトリ20種(つちや)

このページのトップへ

【特別開園】3月の平日開園日の予定

2014年度から、バードサンクチュアリをもっと利用したい来園者や学校団体のために、平日開園を実施しています。
3月は1日の一般向け平日開園を開催する予定です。
いつもの開園日同様、どなたでもご利用いただけます。
土日よりも少しだけ静かなバードサンクチュアリに足を運んでみませんか?

【3月の特別開園日】
2017年3月27日(月)
通常通り、9:00-17:00まで開園しています。

1ツバメ2_岡井孝さん150429
初ツバメが見られるかも?!

このページのトップへ

【作品募集】写真展「光が丘の野鳥たち」

公募写真展「光が丘の野鳥たち」作品募集!

R0021360.jpg


今年も公募写真展で展示する写真を皆さまから募集いたします。可愛い猛禽からかっこいい小鳥まで、お待ちしています。

 ・応募期間 : 2月4日(土)〜3月5日(日) ※会期中も随時受け付けます!
 ★開園中にスタッフにお渡しください。

 ・撮影地 : 光が丘公園(光が丘地区内)
 ・募集部門 : 【野鳥部門】 【その他生きもの部門】 の2部門
 ・規格 : A4サイズくらい、お一人様3枚まで。 
 ・応募方法 : 現物をサンクチュアリへお持ちください。メモ用紙に「撮影者名」、「タイトル」、「連絡先」をお書きください。
  ★写真の裏面に個人情報を書き込まないようご注意願います。(付せん、メモ用紙などにお書きください)。
 ※餌付け、鳴き声を流すなど、野鳥の生活に悪影響を及ぼす方法で撮影された写真はご遠慮下さい。

◎グランプリ投票を行います&チャリティー販売のお知らせ
 ・応募される方へ : 作品は展示期間中、人気投票を行いグランプリ決定後、チャリティー即売会を行い、写真を販売致します。作品の返却をご希望される方は、応募時にお申し出ください。

 ・観覧される方へ : 写真展「光が丘の野鳥たち」は、3月19日(日)〜5月中旬まで開催予定です。
 期間中、人気投票を行います。ぜひご投票下さい。
 また、 5月頃より作品の販売をします。日程は決まり次第、再度告知致します。

皆さまの熱い作品、清き一票、お待ちしています!!
 
このページのトップへ

今日もカエル合戦中

2017年2月26日(日)晴れのち曇り
今日も蛙合戦真っ盛りの光が丘公園バードサンクチュアリです。
公園内はどの池も、ヒキガエルだらけ、卵だらけ。クックッと鳴く声が、とてもかわいいです。
ヒキガエル産卵
うわーいっぱいいる・・・

生態工房オリジナルのヒキガエル手ぬぐいは、ヒキガエルの一生が分かるリアルかわいい柄。
サンクチュアリに実物見本もございますので、ぜひご覧ください。
サンクチュアリの他、生態工房ネットショップ「エコワの森」でも取り扱っています。

ちょっと人のいない隙に
春の気配がしているせいか、だんだんとアトリの群れがばらけてきています。
今日は20羽程度の小群が、サンクチュアリ内を飛び交っていました。
開園直後、サンク入り口側のスロープの上に小鳥が・・・。
スロープ上のアトリ
あ、見つかってしまった

少し近づくと、アトリが1羽降りていました。
何か地面をつついている様子。ケヤキの種でも落ちていたのでしょうか。
まだ人が少ない時間だからこその、観察舎来訪。もしかすると、閉園日は観察舎にたくさんのアトリたちが遊びに来ているのかも・・・。
わいわい地面を埋め尽くすアトリを想像したら、ちょっと楽しくなってしまいました。

寄らば大樹の・・・
今日のカイツブリは、ずっとカルガモにくっついていました。
カイツブリとカルガモ
一緒なら安心!(撮影:岡井孝さん)

“寄らば大樹の陰”を地でいくカイツブリ。
エサを探している間はカルガモのそばを離れず、何かに驚いて飛んでいくとコガモのそばに着地。
うまく生き抜いて、早くパートナーを連れて来てほしいなぁ。

花一輪
椿の花がきれいに咲いています。かんざしのように、髪に花をつけているお子さんも見かけました。
ツバキの蜜をなめるヒヨドリ
お味はいかが?(撮影:岡井孝さん)

美しいと思っているのかどうか、鳥たちにとってはおいしいものです。
写真のヒヨドリをはじめ、メジロも花にくちばしをつっこんで、蜜をなめます。
道ばたにある草の実や木の実も、鳥や生きものたちには大切な食べ物。
むやみにちぎって遊んだりせず、少しだけ生き物たちに心を寄せてみてはいかがでしょうか。

黒いあいつ
近くにとまったカワウ
興奮しているのか、逆立つ頭(撮影:岡井孝さん)

何を思ったのか、カワウが観察窓から近いヤナギに止まりました。
近い、近すぎる・・・。
あまりの迫力に、見てはならないものを見てしまったような・・・?
とはいえ、近くでじっくり緑色の目を見ることができ、お客様は喜んでいました。

今日確認された鳥:ダイサギ、ノスリ、カワセミ♂、アトリ 29+1種(ますなが)


このページのトップへ

小鳥と水辺

2017年2月25日(土)晴れ
風もなくポカポカ暖かい1日です。サンクチュアリの周りの草地では野草がたくさん生えています。観察舎の斜面ではツクシも少しずつ出始めています。この時期の来園者の関心はヒキガエルの産卵でしょうか。

1CIMG0132.jpg


入口横の池にはヒキガエルが20匹ほど集まっている


シメいろいろ
「よく分からない鳥がいる!」と来園者の声。真っ正面からと横側からみるのと全然印象が違う鳥のシメでした。いつ見てもずんぐりむっくりしています。

28Y4A7816.jpg

ポンプ池で水をくちばしにためて
(撮影・岡井孝さん)


28Y4A7815.jpg

上を向いて水を飲みます
(撮影・岡井孝さん)


18Y4A7807.jpg

「何見てんだよ!」とでも言っていそうなシメの正面顔
(撮影・岡井孝さん)


気まぐれなモズ
最近ニホンアカガエルが卵を産んだポンプ池ですが、小さな水たまりに鳥たちもよく集まっています。アトリやシロハラはよく来ますが、今日はモズが現れました。作業日にウグイスの「ホーホケキョ」を物まねして鳴いていました。これからだまされそうで怖いです。

18Y4A7835.jpg


普段ポンプ池にはこないモズ
(撮影・岡井孝さん)


18Y4A7838.jpg
ポンプ池にも来るんだから!
(撮影・岡井孝さん)



おっとりキジバト
オオタカなどの猛禽類の生活を支えている大事な存在のキジバトですが、普段見向きもされない鳥です。そんなキジバトですが今日は捕食者が現れずのんびり過ごしているようにみえました。

18Y4A7795.jpg

日向ぼっこ
(撮影・岡井孝さん)


28Y4A7819.jpg

あれ…シメと同じ場所で水飲み
(撮影・岡井孝さん)


今日確認された鳥:アオサギ、ダイサギ、ジョウビタキ(メス)アオジ等28種(つちや)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード